すれ違いざまに「キモっ」…知らない人に容姿を批判された人

ライフ

2016/08/17 05:00

容姿を批判
©ぱくたそ

前から歩いてくる赤の他人が、「ブス」や「デブ」など容姿を批判。なんの目的があるのかわからないが、気分がいいものではない。

しらべぇ編集部では、「街中で知らない人に容姿を批判された経験がある人」を調査。その結果は10.4%と少ない割合に。世の中には常識を持った人が多いと安心していいのだろうか。



 

■ナンパしといて「ブス」ってなによ?

性年代別では、ほとんどの世代で男女差があまりない。

容姿を批判性年代別グラフ

若い女性がターゲットになりやすいのではと思いきや、20〜40代までは男女間でそれほど大きな差がないのだ。

若い女性でよくあるのは、ナンパの失敗。

ナンパをされて断ったら、『なんだよ、ブスのくせに』と捨てぜりふを言い去っていった。ブスと思っているならナンパするなよって思うし、後味も悪いし最悪」(20代女性)


ただの負け惜しみなので、ナンパされるほど魅力的だったと思ったほうがいい。

男性では、こんな経験も。

「前から歩いてくる女子高生に、『キモい』って言われました。たしかに見た目も中身もオタクですが、はっきりと言われたら当然ショックです」(30代男性)


思っていることを、口にしないといられないのだろうか? 失礼な話である。


関連記事:【愚かな行動?】4人に1人がすれ違うカップルを見て彼女よりブスか確かめ安心していた!

 

■おばさんの容姿にまでケチをつける若者

50代では男性が一気に減るのに対し、女性は1割をキープし続けている。一体、なにが原因なのだろうか?

「若い男の子たちのグループに、すれ違いざまに『デブ!』と言われて…。たしかに太ってはいますが、若い人がわざわざ、おばさんの見た目なんて気にするもんなんでしょうか?」(50代女性)


異性として見ていると、ポジティブに考えるしかなさそうだ。


■ひとりでなにもできない、言い返せば逃げる

人の容姿に文句を言ってくる人には、こんな傾向があるという。

「言ってくるのは複数人で、こっちがひとりのときが多いひとりではなにもできないけど、群れの中にいると調子に乗ってしまうのでしょう」(20代女性)


人を批判することで、優位に立てるとでも思っているのだろうか? 知らない人にまでそんな風にしたところで、なにも生まれない気もするのだが…。しかも反撃をされるとは、思っていない場合が多い

『なんか用?』と声をかけたら、『い、いや…』とびっくりして逃げていきました。そんなにヘタレなら、最初から言うなって話」(20代男性)


ただ本当に危ない人もいるかもしれないので、こういうのは無視が一番だろう。


■高収入ほど知らない人から容姿を批判されている

個人収入別では、おもしろい結果が。

容姿を批判個人収入別グラフ

年収1,000万円以上の人が、知らない人に容姿を批判される割合が高いのだ。逆に年収500万円以下では、1割を切っている。高収入の人は、歩いているだけで目立つのだろうか?

もしこの先、知らない人から容姿を批判されても、「高収入だと思って嫉妬しているのだな」と思えば怒りも少し収まるかもしれない。

・合わせて読みたい→【愚かな行動?】4人に1人がすれ違うカップルを見て彼女よりブスか確かめ安心していた!

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名 (有効回答数)