いとうあさこが「熟女好き芸人」にブチ切れ 「嫁が若い」

(画像はTwitterのスクリーンショット)
(画像はTwitterのスクリーンショット)

16日に放送された『わざわざ言うテレビ』(テレビ大阪)で、芸人のいとうあさこが「熟女好き芸人」に苦言を呈するシーンがあった。



 

■簡単にまとめると……

その日放送されたのは、出演者それぞれが「作ってほしい法律」を発表するコーナー。そこでいとうが「好きな女のタイプは本当のことを言おう法」であると発表した。

そして、彼女は「熟女好き芸人」をやり玉にあげ、「そいつらの嫁がことごとく若いんですよ」となんともシビアなコメント。これには他の出演者も大爆笑で、共感していた。

たしかに、「熟女大好き芸人」として有名なロバートの秋山竜次の妻は1歳年下。ウド鈴木の嫁は2歳年下だ。今はともかく、結婚当時は熟女ではなかったと言える。

その後、いとうは「熟女もいけますよってだけで。性癖の一部なだけであって」とコメント。好きな女性のタイプについて、本当のことを聞きたいと述べた。


関連記事:高知のオアシス『土佐茶カフェ』が最強 東京に支店を早急に希望

 

■20代男子の4人に1人はいとうあさこの味方

熟女好き芸人と言えば、大人気番組『アメトーーク!』(テレビ朝日)が広まるきっかけだっただろう。しかし、芸人という仕事柄、話を「盛る」のは日常茶飯事であり、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれない。

では、一般男子の熟女支持率はどうなのか? しらべぇ編集部が全国の20代男子150名に調査を行なった結果、全体のおよそ4人に1人が「恋愛対象としてあり」と答えたことがわかっている。

sirabee160818asako01

この全員がいとうを恋愛対象にできるかと言うと、それはまた別の話であるが、彼女にとっては希望の持てるデータではないだろうか?

もっとも、これも「性癖」の一部であり、進んで熟女を選ぶかと言うと、それもまた別の話なのかもしれないが……。

・合わせて読みたい→「岡山の奇跡」桜井日奈子がドラマ初出演 唇評論家が魅力を解説

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

qzoo-200x94
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
 
調査期間:2015年2月13日~2015年2月16日
 
対象:全国20代の男性150名(有効回答数)