ラーメン二郎を意識?かつや「増し増しやさいの塩カツ丼」がうまい

グルメ

2016/08/20 18:00

とんかつチェーン店・かつやで、「増し増しやさいの塩カツ丼」が期間限定で販売開始となった。

sirabee20160820katu01

天高く盛られた野菜…思わず「ヤサイマシマシ」と一声出してしまうビジュアルは、ジロリアンと呼ばれる熱烈なファンを生み出した人気ラーメン店「ラーメン二郎」を彷彿とさせる

こうなればジロリアンの多いしらべぇ編集部も黙っていられない。実際にいただいてみることに。


画像をもっと見る

 

■山盛り野菜が完全に二郎

sirabee20160820katu02

注文時、もしかしたらと希望を込め「ヤサイマシは可能ですか?」と確認するもNG。やはりここは二郎ではない、かつやなのだ。

sirabee20160820katu03

こちらが「増し増しやさいの塩カツ丼」(590円・税別)。

どんぶりではなく、ごはんと豚汁が付いた「増し増しやさいの塩カツ定食」(690円・税別)も販売中だ。

sirabee20160820katu04

そびえたつみずみずしい野菜の山。水菜と千切りの大根、さらにキャベツの千切りがミルフィーユのように重なっている。上にかかっているのはにんにく塩だれ

sirabee20160820katu05

ロースカツはどんぶりいっぱいに広がる大きさ。ボリュームはかなりのものだ。


関連記事:東京23区ラーメン二郎どこが一番美味しいか調査1回目『三田本店』

 

■実際に食べてみて…

さっぱりとした塩だれに強烈なニンニクの風味が漂う。カツに厚みはそこまでないがサックリと揚がり、柔らかく食べやすい。

ソースなどかかっていないため、にんにく塩だれを絡めた野菜といっしょにいただくと驚くほどサッパリとカツを楽しめる

sirabee20160820katu06

かなりボリュームがあるように見えるが、水分が多くシャキシャキの新鮮な野菜が大半のため、そこまで重くはない。

甘辛い出汁、ソースで食べるカツ丼とは違い、サラダといっしょにカツを食べているような感覚。それでもご飯との相性も非常に良く、ニンニクが食を進めるのであっという間に食べ終えることができた。

食べ終えた後、すぐにまた食べたくなる。まさにラーメン二郎のような中毒性をもつ「増し増しやさいの塩カツ丼」。食欲が減退しがちな夏だけに、サッパリと食べられる同商品は二郎以上に重宝しそうだ。

・あわせて読みたいラーメン二郎を毎日食べたらどうなるか医者に聞いてみた→回答「病気になる」

(取材・文/しらべぇ編集部・サバマサシ