究極のB級グルメ!?ご当地パンが地元民から愛されまくり

いまやすっかり日本人の生活になじんだパン。ところ変われば味の好みも変わり、各地でパンが独自の進化を遂げているようだ。 しらべぇ編集部では、これまで各地の人気なパンを調査してきた。


 

①北海道の隠れグルメ「ようかんパン」

しらべぇ1016ようかんパン4

「ようかんパン」は北海道で大人気のパンで、コンビニやスーパーには当たり前のように置かれている大人気商品。

「ようかん+クリーム+パン」の組み合わせは、初めて聞くと本当においしいのかと疑いたくなるものの、意外にも合うのだ。

オススメのようかんパンのひとつが北海道で圧倒的シェアのコンビニ、「セイコーマート」のようかんパンである。

ホイップとカスタード入りで一度にふたつの味を楽しめることができ、かつ最も手に入りやすいようかんパンだ。

▽元の記事はこちら

【北海道の隠れグルメ】ミスマッチに見えて根強い人気の「ようかんパン」5選


 

②盛岡のソウルフード「コッペパン」

sirabee1217fukudapan1

盛岡のソウルフードといえば「福田パン」。岩手県盛岡市周辺で知らない人はいないと言ってもいいコッペパン専門店。人気ぶりは観光客も引き寄せるほど。

特徴は甘い系から惣菜系まで豊富な種類のクリームと大きなコッペパン。人気メニューの「あんバター」や「オリジナル野菜サンド」、ぜひ盛岡のソウルの味を体感してほしい。

しかし、盛岡になかなか行く機会がない人に朗報が。じつは「福田パン」のソウルを受け継いだお店が東京の葛飾区亀有にあるのだ。

「吉田パンLucky Bread」は、「福田パン」から直々に製造方法を伝授してもらったお店。 日曜のお昼ともなると店外まで行列ができ、閉店時間を待たずに売り切れることもあるのでTwitterで確認するのがオススメ。

【福田パン】
住所:岩手県盛岡市長田町12‐11
営業時間:7:00~17:00

【吉田パン Lucky Bread】
住所:東京都葛飾区亀有5-40-1
営業時間:月曜日 7:30~13:00、火曜日~日曜日 7:30~17:30

▽元の記事はこちら

盛岡のソウルフード、福田パン!東京に「吉田パン」を作らせるほどの絶品!

盛岡のソウルフードが東京でも!ずっしり重い至高のコッペパンが下町で食べられる!


③愛され続けて45年 関西限定「サンミー」

sirabee_sanmi2_20150426

ようかんパンのように昔から関西人に愛されているのが神戸屋が販売している「サンミー」だ。

「ビスケット生地+クリーム+チョコソース」の三位一体の味が楽しめることから名付けられた。 これまでにプリンりんごなど数十種類のサンミーが発売されてきている。たくさんの味が楽しめることも人気獲得の理由のようだ。

また、サンミーにいちごジャムが+1され、パワーアップした「ヨンミー」43(よんみ)周年に登場。もちろん関西限定だ。

▽ 元の記事はこちら

【甘さが癖になる】関西限定のパン「サンミー」を知っているか?


ようかんパンやサンミーはコンビニやスーパーで簡単に手に入る。ローカルパンを楽しむのもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→【北海道の隠れグルメ】ミスマッチに見えて根強い人気の「ようかんパン」5選

(文/しらべぇ編集部

あなたにオススメ