まさかの夜景まで?現代若者たちの意外な○○離れ3選

社会

2016/08/30 18:30

sirabee20160829wakamonobanare1
Thinkstock/iStock/AtomStudios

テレビなどで近頃話題になっている、若者の車離れやビール離れ。しらべぇ編集部ではこれまで、さまざまな若者の○○離れについて調査している。なかでも、とくに意外な○○離れ3つを選んだ。


画像をもっと見る

 

①変わりゆく若者の美意識

日焼けが苦手なのは女子だけではない。どうやら若い男性も日焼けを避けているようだ。編集部が全国20〜60代の男性835名に調査したところ、20代男性の14%が美白をしたことがあると判明。

若者○○離れ

30代以降と比べてみても2倍近くの差があることから、若い女性だけではなく、若い男性も日焼けを気にする時代が来ているのかもしれない。

▽元記事はこちら

■【若者の日焼け離れ】「美白男子」はあの世代に実在した!?


関連記事:【動画】超危険な「車いすラグビー」に命を懸ける男たちがカッコ良すぎる

 

②夜景に興味がない若者が増えている?

デート最後の「決めスポット」といえば、夜景。若者にも人気があると思われるだろう。

しかし、20~60代の男女1,500名を対象に、「きれいな夜景に興味がある?」と質問してみたところ、20代男女の27%が興味なしと回答。

若者○○離れ

夜景を男女が仲を深めるための「口実」として利用している人もいるだろう。しかし、20代~30代の若い世代にはあまり好まない人もいるようだ。

世代をまたぐカップルが夜景を見に行く場合は、認識の差に気をつけたほうがいいかもしれない。

▽元記事はこちら

■ついに…若者の「夜景」離れ? きれいな夜景に興味ない20代・30代男性多すぎ!


③虫取りも未経験? 昆虫に触れない20代

子供のころはみんな大好きだった昆虫を触れない若者が増えているようだ。

編集部が全国の20~60代男女1,376人を対象に、昆虫に関する調査をしたところ、「昆虫を触れる」と答えた20代は男性24%、女性14%だった。

昆虫を触れる

昆虫が苦手な女性が多いイメージはある。けれども、触れる男性が25%にも満たないのは驚きだ。

さらに性別ごとに世代の差を見てみると、20代女性と60代女性の差が22.2ポイントであるのに対して、20代男性と60代男性の差は37.1ポイントと大きく開いている。とくに若者男性の昆虫離れが進んでいるようだ。

これでは、子供の虫取りについていける父親の数も減ってしまうだろう。

▽元記事はこちら

 虫を触れない20代男性は8割に迫る 若者の昆虫離れが深刻


・合わせて読みたい→もう誘うな! オッサンの楽園「ビアガーデン」に若者うんざり

(文/しらべぇ編集部

qzoo-200x94【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年6月19日~2015年6月22日/2014年6月25日~6月27日/2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男性835名/全国20代~60代の男女1500名/全国20代~60代の男女1376名(有効回答数)