しらべぇ

コミュ下手も納得「ハズレのない人の褒め方」ポイント3選

人間関係

Creatas Images/Thinkstock

Creatas Images/Thinkstock

優秀な営業マン、生徒や部下の指導がうまい人、配偶者とうまくやっている人は「ほめ上手」が多いと聞く。

褒められて不快な人はいない。ほめたつもりが逆効果! 「味のある顔」って小バカにしているよねによると社交辞令だとわかっていても6割以上がうれしいという。

しかし、言葉をひとつ誤ると逆効果になるとも。そこでしらべぇ編集部では、人を心地よくさせるのに効果的なポイントについてさらに追及してみた。

 

■褒められたいのは子供より大人!

男女年代別に褒められたい人を集計したのが次のグラフだ。

sirabee20160901home1

男性は年代の上昇とともに褒められるとうれしい人が増加。女性は全般的に褒められたがっている。

20代男性は45.9%ともっとも低いが、それでも2人に1人が「社交辞令でも褒められたい」ので、年長の男性上司ならなおさら。

中高年世代に嘲笑の色を見せれば、かなり気持ちを逆なでしてしまうことなる。

 

■「褒められたい人」の苦痛な場面

「褒められてうれしい」人は逆の場面が苦手。別れ話のときは、相手と話して修羅場になるぐらいなら…と自然消滅を願う。

sirabee20160901home2

これ以外でも圧迫面接では、「褒められてうれしい」人は面接官に腹を立ててしまう傾向が強かった。

くりかえしになるが「社交辞令でも褒められるとうれしい」人は6割以上。過半数を超える人が会議や指導や教育の場面で、誤りの指摘やマイナス評価を過度にされたくない。

指導する立場の人は、そこに注意すべきだろう。

 

■人を褒めるポイントは?

次のグラフは「褒められてうれしい」人の自己評価の高いものを表している。評価が高いものには自信があり、そこを褒められたいとも思っているはず。

sirabee20160901home3

その順位から、次の優先度で褒めるのが無難なようだ。

①「頭の良さをほめる」
②「センスの良さをほめる」
③「容姿の良さをほめる」

 

容姿は先天的な要素が大きい。センスは後天的であり、その人が習得したもの。頭の良さも後天的に学習した部分が大きいだろう。

人は「外観よりも内面」かつ「自分の努力で勝ち取ったもの」を褒められるとうれしいのだ。

「社交辞令で褒められてもうれしくない」人もおおむねこの順位。ただ女性は「センス」がトップに。気難しそうな女性には「センスがいいね」と最初に褒めるのも手だ。

美人やイケメンだからと容姿ばかりを褒めず、「頭がいいね」なんて言っておくと、あなたへの好感度も上がるかも。

合わせて読みたい→職場の「不機嫌女子」にうんざり 彼女たちへの3つの対処法

(取材・文/しらべぇ編集部・谷葦夫

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2016年1月22日~2016年1月24日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集