米・おじいちゃんが歯の治療中に銃を誤射し手を貫通 その驚きの原因

コラム

2016/09/06 07:00

twinsterphoto/iStock/Thinkstock
twinsterphoto/iStock/Thinkstock

米国の72歳の男性が、歯科医院での治療中に誤って銃を発射してしまうという、なんともアメリカンな事故が起こったことが現地メディアの報道でわかった。



 

■銃大国の現状を反映した事件?

誤射してしまったのは、オハイオ州に住むジェームズ・ホワイトさん、御年72歳。それは彼が地元の歯科医院で歯を治療してもらっている最中のことだった。カバンの中から携帯電話が鳴っているような気がした彼は、取ろうと手を伸ばした。

しかし、手にとってしまったのはなんと銃。しかも、勢い余ったのか、その銃を誤射してしまったのだ。銃弾は彼の手を貫通し、腹部をかすめた。

幸いにも命に別状はなく、他に怪我人も出なかったそうだが、歯科医院にピストルを持っていくとは……。とは言え、歯の治療に行ったはずが手の治療まで必要になってしまうとは、彼自身、まったく予想していなかっただろう。

なお、その後この歯科医院では、銃器の持ち込みは禁止されることになったそうだ。


関連記事:「カツカレーは至高」 海外掲示板で日本のカレーが話題に

 

■死にかけた経験ってある?

sirabee160905sinikake01

なお、しらべぇの過去の調査では、「死にかけたことがある」と答えた人は全体のおよそ6人に1人。今回の事故は手に貫通しただけで済んだため、大事にはならなかったが、腹部に当っていたら病院(歯科医院以外への救急病院など)送りになっていたことだろう。

アメリカで発生したアメリカンな事件であった。

・あわせて読みたい→んちゃ! ドクタースランプ実写化 アラレちゃん役はあの美女

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

qzoo-200x94【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
 
対象:全国20~60代の男女1378名(有効回答数)