ハーゲンダッツ越え?ジョエル・ロブション「超本気の高級アイス」がセブンで発売

グルメ

2016/09/07 20:00

sirabee0907ookiakikoice001

「ジョエル・ロブション」という名を、誰しも一度は聞いたことがあるのではないだろうか。

フランスの有名なシェフの名であり、「ミシュランガイド」に掲載される、彼の複数のレストランの星をあわせると、その総勢は28個にもなるという世界一の星をもつ男性である。

そんな世界一のシェフが監修するスイーツがセブンイレブンで発売に。ひとり3万円以上ものコース料理を提供するレストランと、手頃なコンビニのコラボということで注目を集めている。

一体どんな味なのか? しらべぇ編集部では、さっそく食べてみることに。


画像をもっと見る

 

■1本目「攻めるショコラ」

sirabee0907ookiakikoice002

こちらが「ジョエル・ロブション ショコラ オレンジと練乳のソースで」(278円/税別)。

パッケージには断面図が描かれており外層から「ジャンドゥーヤチョコ」、「カカオニブ」、「オレンジピール」、「オレンジソース」、「練乳ソース」といった順にコーティング。

聞き慣れない単語が多すぎる…。

sirabee0907ookiakikoice003

キメが細かく、しっとりとした中身が飛び込む。

sirabee0907ookiakikoice004

ひとくち食べると、品のあるビターテイストなチョコが主張してくる。そのあと、スッとオレンジの香りが。

爽やかな酸味と、フォンダンショコラのような濃厚なチョコソース、そしてカカオニブ(ナッツのようなもの)がサクサクと音をたてる。

アイスの名前にもなっている「練乳」の風味は、記者はあまり感じなかった。

食感はアイスというより、柔らかなチョコケーキだ。奥深く飽きない味わいは攻めのショコラといって良いだろう。


関連記事:コンビニアイスはどれが一番ウマい?1ヶ月かけて検証(延長戦2日目)

 

■2本目「魅せるストロベリー」

sirabee0907ookiakikoice005

ジョエル・ロブション ストロベリー タヒチ産バニラとホワイトチョコで」(278円/税別)。

材料には「ホワイトチョコ」、「フリーズドライ苺」など、先ほどのショコラよりは聞き馴染みのある言葉が。

sirabee0907ookiakikoice006

断面には美しいいちごソースがマーブル状に散っており、そこに大きな糖漬け苺が、華やかなルビーのようにキラリと主張している。

sirabee0907ookiakikoice007

舌で外層のホワイトチョコをなめると、その厚みに驚く。なんとか歯でしっかりと噛み砕くと、中からドロっと濃厚な甘みが。

高級パフュームのようなベリーの香りをわずかに感じ、ゴロッとした苺の果肉に満足する。その後、可憐な乙女のような甘酸っぱさが後を追っかけてくる。


2本をサクッといただき、正直なレビューを書くつもりでアラを探してみたが完全なプロ意識に降参だ。

ロブション、グッジョブ!!!

あえていうならば、ショコラは甘さひかえが好きな人向け、ストロベリーは濃い甘みがお好きな人にオススメだ。

約300円で、3つ星シェフの本気さが垣間見えるコチラ。気になる方はぜひ試してみては?

・合わせて読みたい→コンビニアイスはどれが一番ウマい? 1ヶ月かけて検証(25日目)

(取材・文/しらべぇ編集部・大木亜希子