PC苦手な新人は不要?スマホ世代との仕事が不安な経営者多く

2016/09/09 09:30

Ximagination/iStock/Thinkstock
Ximagination/iStock/Thinkstock

ITは仕事にも生活にも欠かせないものになった。しかし、最近はスマホやタブレットの普及により、パソコンの苦手な若者が増えているようだ。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代男女を対象に調査を実施。「パソコンが苦手だ」と回答した人は全体の14.1%である。

性別年代別に集計すると、男女とも30代よりも20代で苦手な割合が高い。若い人ほどパソコンスキルが高いわけではないようだ。

sirabee20160909pcnigate1



 

■パソコンを使えない新社会人が増えているのは問題?

しかし、仕事をしている人から見た場合、新社会人のパソコンスキルはどの程度必須だと考えているのだろうか。

PCを使えない新社会人が増えているのは問題だと思う」と回答した人は、全体の46.3%

職業別に集計すると、経営者/会社役員は全体より20ポイント近く高い65%自由業で61%となった。

社長やフリーランスは、新社会人に学生の頃からパソコンに触れてほしいと考えており、パソコンを使えない新人と仕事をするのが難しいと思っている人がとくに多いようだ。

sirabee20160909pcnigate2


関連記事:パソコンが苦手な「スマホ世代」にあ然とした瞬間3選

 

■スマホがパソコンに取って代わる時代に経営者は…

スマホ普及によりパソコンの苦手な若者が増えているにもかかわらず、経営者はパソコンを使えない新社会人といっしょに働きたくないと矛盾が発生している。

近年、スマホの入力デバイスであるタッチパネルが登場。フリックなどによって文字入力でき、キーボードが使えなくても生活には支障がない時代になった

経営者層がパソコン利用のみを想定した仕事や作業しか考えられていないのならば、現状にマッチしていないように感じる。

部下から「まだキーボードをタイピングしているんですか?」なんて言われる将来もすぐ来るだろう。時代の流れに合わせるには、経営者層こそ意識改革が必要ではないだろうか。

・合わせて読みたい→パソコンが苦手な「スマホ世代」にあ然とした瞬間3選

(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

qzoo-200x94【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日/2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1376名/675名(有効回答数)

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

スマホ新入社員パソコン調査スマホ世代
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング