天皇陛下のお気持ち表明に政府は「特別立法」で対応?しかし国民の声は…

お気持ち表明
画像はYouTubeのスクリーンショット

8月8日、宮内庁は、天皇陛下がお気持ちを表明したビデオメッセージを公開した。動画は、およそ11分におよび、「生前退位」を強くにじませる内容だ。



 

■政府は「1代限りの特別立法」で対応?

現在、皇室典範では「生前退位」にまつわるルールは定められていない。そのため、

①皇室典範を改正する

②1代限りの特別立法を制定する

③日本国憲法第5条に定められた「摂政」の制度を用いる


といった対応が考えられる。

7日に朝日新聞が報じたところによれば、政府は皇室典範の改正論議には時間がかかるなどの理由と、82歳という陛下の年齢も鑑み、特別措置法を整備する方向で検討に入ったという。

しかし、憲法第1条にあるように「天皇は、日本国民統合の象徴」。世間がどうすべきと考えているかは、無視することができないはずだ。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1338名を対象に調査を実施した。


関連記事:「太上天皇」復活か 生前退位の天皇は現時点で59人

 

■6割が「皇室典範改正」を支持

生前退位

「皇室典範の改正」を支持する声は6割を超えた。「何もしない」が2割弱で続き、政府が検討する「特別立法」を支持する人は1割にとどまる。

「摂政制度」については、ビデオメッセージの中で陛下ご自身が触れられていたこともあってか、もっとも低い支持率となった。


憲法上、「天皇は国政に関する権能を有しない」と定められている。そのため、お気持ち表明の中で、陛下ご自身が方向性を指し示されることはなかった。

しかし、ビデオを見た多くの国民が感じたことと、政府が目指すことにズレはないのか。私たちがひとりひとりが選挙で送り出した国会の動きを、よく注視する必要があるだろう。

・合わせて読みたい→天皇陛下がお気持ちを表明 「生前退位」をにじませる内容に

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

qzoo-200x94【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代男女1338名(有効回答数)