【行楽の秋】「そうだ 京都、行こう」と思って実際に行った人の割合は…

ライフ

2016/09/13 20:00

そうだ 京都、行こう。
※画像はJR東海の京都観光情報「そうだ 京都、行こう。公式サイト」のスクリーンショット

秋の気配を匂わすように、テレビからミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の中の1曲『私のお気に入り』とともに流れてくる、JR東海のCM「そうだ 京都、行こう。」

単純明快かつ、衝動を掻き立てるキャッチコピーの影響を受けて、実際に京都に行ったことがある人はどれほどいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■50〜60代の男性が感化されるキャッチコピー

そこでしらべぇでは、全国20代〜60代の男女1,368名を対象に調査をしてみた。すると、「そうだ 京都、行こう。」と思って実際行ったことがある人は、全体では15.4%

そうだ 京都、行こう。

意外にも女性は、全年齢を通しても12%〜15%ほど。それより大幅に高い数字となったのが、50代・60代男性で約2割だった。「そうだ」という感覚で動くような言葉が、この世代の男性に響いたのだろうか。

ここで、「そうだ 京都、行こう。」と言ったり、他の人が口にしているのを聞いたことがある人の声を見てみよう。


関連記事:天才コピーライターの発想の秘密がわかる?表参道で作品展が開催

 

■近場の近畿地方は「そうだ」で行きやすい

また、エリア別の調査結果を見てみると、京都がある近畿地方は約2割という結果に。

そうだ 京都、行こう。

やはり、「そうだ」というとっさの勢いだと、京都に近いところに住んでいる人のほうが行きやすいのだろう。

だが、首都圏でも15.8%で6人に1人が経験があるという結果に。都会とは明らかに違う「現実離れできる場所」なため、多少遠くても行ってしまおうと考える人は少なくないのだろう。


人を感化させる力があるキャッチコピー「そうだ 京都、行こう。」。この秋、もしそう感じてしまったら、自分の感覚に正直になって行ってみてもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→京都の観光地周辺に住んでいる人あるある7選! 八つ橋って言われましても…

(取材・文/しらべぇ編集部・山吹彩野
qzoo-200x94【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数)