【東京ゲームショウ2016】現実に戻れない…女子向けブースが熱すぎ

男女

2016/09/15 17:00

9月15日~18日に千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016」。

どうせゲーマーとか男性向けばっかりでしょ? なんて思っている女性の皆さんに朗報。足を踏み入れたら「あ、もう現実帰りたくない」ってなるようなブースがあるんです!


 

■DMMゲームズ『刀剣乱舞VR』

女性向け、と言われてすぐに思い浮かぶタイトルが『刀剣乱舞』。名刀をかっこよく擬人化した「刀剣男士」を収集・強化し、合戦場の敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションだ。

この『刀剣乱舞』がVR化。なにするのか…もちろん刀剣男子を愛でるだけだ。

sirabee20160915gameg1

舞台は縁側。まるで本物の家のよう。4日間だけのために作られているとは思えない! 説明の映像を見たのち、本丸へ。

sirabee20160915gameg2

VRを装着。ふかふかの座布団に、思わず正座。

sirabee20160915gameg4

きらきらした縁側でのんびりしていると、目の前に三毛猫が。そして、ついに三日月宗近が登場!!

美しいお顔に、髪に触れそうで、思わず手を伸ばしてしまう…。ヘッドホンから声が聞こえるので、まるで耳元で囁かれているような感覚に。

VRの問題点といえば化粧が落ちる・髪型が崩れるだが、さすがはDMM。出口手前に大きな鏡とメイク直しの道具を完備した化粧直しエリアを設けている。

sirabee20160915gameg5

これで心置きなくVRの世界に没頭できるだろう。


 

■ボルテージ

女性向けアプリで忘れてはいけないのが「ボルテージ」。『ダウト』や『天下統一恋の乱』などの恋愛ドラマアプリで有名だ。

そんな「ボルテージ」が東京ゲームショウで何をやっているのか。それは…リアル体験恋愛ドラマアプリ! 

つまり、アプリ内のあんなシーンこんなシーンをリアルに体験できるのだ。

sirabee20160915gameg7

注意書きには「演出上、俳優がお客様に触ることがあります」…想像するだけでにやけが。『天下統一恋の乱』のブースは、お夜食を届けに行く設定。

カーテンが上がると、そこにはイケメンが!(ちなみに5番の彼が登場)近づくことすら躊躇われて、へっぴり腰に。逆に失礼な感じになっている。

sirabee20160915gameg9

そんな記者にも、体を近づけながら「もっと近くに来い」などゲームでしか聞いたことがないセリフを言ってくれる。こんなセリフを恥ずかしげもなく言える人っているんだ…。

ブースの人が何枚も写真を撮ってくれるので、ひとりで行っても大丈夫。

sirabee20160915gameg10

もっと積極的になれば、頭ぽんぽんもしてもらえるかも。いやいや2次元がいい! という人には、椅子ドンVRも用意されている。

sirabee20160915gameg6

あ、こっち側に住みたいと思ってしまうような体験の数々。ゲームショウの会場で、イケメンの世界にどっぷり浸かってみては。

・合わせて読みたい→【美女ぞろい】東京ゲームショウの華! コスプレイヤーがかわいすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

あなたにオススメ