飯テロ注意!ゲームショウ飯のクオリティーが高すぎる

9月18日まで幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2016」。幕張メッセ全体を使っており、ぐるっと回るだけでも一苦労だ。

いろいろ見てお腹が空いた…そんなときはフードコートへGO!


 

■会場広すぎない…?

フードコートと休憩スペースは、イベントホールを使用。そのため、屋台をぐるりと囲む客席という、ちょっと不思議な光景に。

sirabee20160916food1

とにかく広い。広すぎる。

下に降りると、個性豊かな屋台がずらり。

sirabee20160916food2

ご当地グルメを集めた、全12店舗だ。

sirabee20160916food7

いかめし、沖縄そば、豚丼…どれも魅力的すぎ!


 

■宮城の牛タンをソーセージに!?

吟味に吟味を重ね、まず購入したのが、その名も「牛たんドッグ」

sirabee20160916food3

牛タンフランクを塩ダレで仕上げたオリジナルホットドッグ…聞いているだけでヨダレが。

「イベント飯は高い」イメージがあり、500円のホットドッグってしょぼいんじゃ? と不安だったが、ご覧の通り、大きい!

sirabee20160916food4

広告に偽りなし、かなりロングサイズのソーセージを使っているのだ。

一口かじると塩ダレの風味とお肉の旨味が口に広がる。その味わいは牛タンだけあって、普通のソーセージとはちょっと違う。

冷めてくると油が浮いてしまうので、温かいうちにガブリといただこう。


■500円のカレーが…すごい!

続いて狙ったのは、スパイシーインドカレー(500円)。「安い! 旨い! 早い!」に目が奪われる。

sirabee20160916food5

見た目から、完全にサーブルエリアとかでありそうな少し甘めのカレーを想像していたのだが…。

sirabee20160916food6

むちゃくちゃ辛い。名前の通り、完璧に「スパイシーインドカレー」なのだ。

辛いものは苦手ではないのだが、食べながら汗が止まらなくなるほど。でも美味しい。これが500円とか、クオリティー高すぎ!


他のメニューも、どれもこれも魅力的なものばかり。そして、イベント先で食べるご飯とは思えない値段設定とレベルだ。

お目当てのブースを見て、小腹が空いたらフードコート。1日中幕張メッセ内で楽しめるぞ。

・合わせて読みたい→【東京ゲームショウ】こんなものまで!? 配布物が豪華すぎ!

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

あなたにオススメ