これで食べながら観戦!アメリカ人のアメフト愛は食器まで

pixelheadphoto/iStock/Thinkstock
pixelheadphoto/iStock/Thinkstock

アメリカは今、フットボールの季節である。

フットボールは、アメリカでは野球を上回る人気スポーツ。荒々しい競技であることは確かだが、同時にカレッジフットボールのスタープレーヤーは博士号取得者のような扱いを受ける。日本でも高校野球の甲子園優勝選手が一目置かれるように、アメリカの大学ではフットボール選手こそ「我が校のシンボル」なのだ。

そして当然ながら、プロリーグであるNFLの人気はそれ以上。全米のフットボールファンは、テレビに釘付けになりながらスナックをかじる…。その日課が2月の第1日曜日、すなわちスーパーボウルまで続く。


画像をもっと見る

 

■ヘルメットが食器に!

アメリカ人はところどころで小洒落ている人たち。テレビ鑑賞の合間のスナックにも、常に一工夫を加えている。

世界最大のショッピングサイト『ebay』に、こんな商品があった。フットボールファンのためのヘルメット型スナックトレイである。

sirabee160916nfl1
※画像はebayのスクリーンショット

頭頂部が皿になっていて、そこにスナックを入れることができる。さらにフェイスの部分にも容器を差し込める。画像では、ナッツがぎっしり。

まさにアメリカ人にしか思いつかない形状の食器だ。


関連記事:「何でもあり」のeBay 絶対購入禁止のあんなものまで…

 

■60ドルは高いか安いか?

sirabee160916nfl2
※画像はebayのスクリーンショット

この商品は、ebayでは59.99ドルで販売されていた。

ただの食器という視点で見ればかなりの価格だが、これは同時にインテリアでもある。そう考えれば、100ドル以内で買えるというのは決して高い買い物ではないのかもしれない。

もちろん、このスナックトレイは日本在住者も購入可能

ebayは時たま「本当にこんなのを売っていいの?」と言いたくなるような商品を出しているが、同時に誰もが欲しがるような魅力的な逸品も数多い。世界中の業者の出展が集まるサイトだから、日本人の想像を覆すような便利グッズもたくさん売られている。


■時差の壁

ところで、日本国内でNFLを視聴するにはある問題が生じる。

それは時差だ。たとえば、9月に開催される試合の場合はアメリカ東部時間午後1時の場合、日本時間では翌日午前2時。この差はアメリカで実施されるサマータイムを含んだものだが、いずれにせよNFLのデイゲームは深夜視聴になってしまう。

また、アメリカ東部時間午後8時半のナイトゲームは、日本では翌日午前9時半からの放映だ。ニューヨーカーが「日曜夜のゲーム」を楽しんでいる頃、日本人はサザエさん症候群に打ちのめされながらいつもの職場で勤務している。考えてみれば、極めて不公平な事実である。

だがそれでも、NFLがスリルと迫力に富んだ「スポーツリーグの王様」であることに変わりはない。

・合わせて読みたい→「何でもあり」のeBay 絶対購入禁止のあんなものまで…

(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

スポーツ取材eBayアメフトNFL
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング