『有吉ゼミ』で絶賛!瞬く間にAppStoreの上位ランキングを記録したアプリ

エンタメ

2016/09/19 17:00

画像は公式ページのキャプチャです
※画像は「FreshPantry公式ページ」のキャプチャ

「冷蔵庫に残ってたアレを食べよう」と冷蔵庫を開けてみたはいいものの、賞味期限が切れて食べられなかった…そのような経験をしたことはないだろうか。

その悩みを解決するのが『賞味期限メモ FreshPantry』というアプリだ。

9月12日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系列)で紹介されてから、瞬く間にAppStoreの上位ランキングを記録したアプリである。


 

■写真とメモで保存したらあとは通知を待つだけ

sirabee20160919fresh2
※画像は『賞味期限 FreshPantry』のキャプチャ

このアプリは、賞味期限が気になる食材や調味料を写真で撮り、賞味期限を設定するだけのカンタン操作が魅力的。

登録が終われば写真の右上に賞味期限までの残り日数が表示されるので、非常にシンプルでわかりやすい。

期限が間近になるとスマートフォンに通知されるので、「賞味期限を忘れてた」ということがなくなる。

また、撮ったものはいつでも編集可能なので、期限の再設定やメモの追加もカンタンに行うことができる。

自作ソースやドレッシング、調理した料理を保存するときに重宝するアプリだといえるだろう。


関連記事:痴漢被害者を助けるアプリが誕生 女子大生が実際に使ってみた

 

■『賞味期限メモ FreshPantry』を応用して使おう

画像は『賞味期限メモ FreshPantry』のキャプチャです
画像は『賞味期限メモ FreshPantry』のキャプチャです

「写真に撮って期限を設定すると残り日数が表示される」という機能を有効活用すれば、さまざまなことに応用できる。

たとえば、「ハンドクリーム」「化粧品」「コンタクトレンズ」などの消耗品だ。残数が少なくなってきたときに、このアプリに登録しておくとリマインダーとして使うことができる

その際はメモと併せて使うと非常に便利だ。その他には、買いたい漫画や特売チラシを写真に撮って登録しておく、といった使い方もできる。


『賞味期限メモ FreshPantry』は、タイトル通り食材や調味料の期限管理アプリとして非常に優れている。

写真に撮って期限を設定するだけというお手軽さにより、継続も容易となり、習慣へと繋がっていく。

また、シンプルな機能だからこそ可能な「汎用性の高さ」が、このアプリの本質だといえるだろう。

・合わせて読みたい→食品の賞味期限を厳密に気にする人は浮気する!? もっとも気にしない職業は…

(取材・文/しらべぇ編集部・伊藤大生