シルバーウィーク?プラチナウィーク?秋の連休名をハッキリさせたい

コラム

2016/09/22 19:00

sirabee20160922silverweek

世間の祝日ほど稼ぎ時なので、なかなか公的な連休の恩恵にあずかれない、俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。

そのかわり平日の昼などに休みが取れた場合は、映画館や遊園地でのびのび遊ばせて頂いているわけですが。

このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べる「妄想的」な語源しらべぇです。



 

■シルバーウィークの別名

秋の大型連休「シルバーウィーク」は、春の大型連休ゴールデンウィークとの対比や、敬老の日を含むため、老人の白髪をイメージさせる「シルバー」と呼ばれています。

しかし、秋の連休は暦の関係で、毎年来るわけではない希少性から、これもまたゴールデンウィークの金と対比させ希少価値の高い金属「プラチナ」に例えられ、「プラチナウィーク」とも呼ばれるとのこと。

TimArbaev/iStock/Thinkstock
TimArbaev/iStock/Thinkstock

世間ではオリンピックのメダルをはじめ、さまざまな賞における「金賞」「銀賞」、将棋の駒や結婚記念日を祝う「金婚式」「銀婚式」など、金属に例えて順位や優位を表します。

ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、プラチナウィーク、金属の価値で言えば銀が最下位で、プラチナと金の価値は同程度の価値です。

「シルバー、もしくはプラチナウィーク」になってしまうと、混乱を招くことにはならないでしょうか?


関連記事:体操に名を残す新技「シライ2」 もし別の名前をつけるなら…

 

■大型連休の呼び方をハッキリさせたい

パスタの茹で加減「アルデンテ」ととんこつラーメンの茹で加減「バリカタ」を統一しようとしたほど細かいことに神経質な筆者としては、

・春の大型連休は「ゴールデンウィーク」

・飛び石連休になる年の秋の大型連休は「シルバーウィーク」

・9連休になる年の秋の大型連休は「プラチナウィーク」


と、ハッキリさせたいところなのですがこればかりは、どれだけ世間に認知されるかにかかっています。

人に認められてはじめて意味をなすのが言葉の面白いところ。「なるほど」と、思ったそこのあなた、この記事をシェアして言葉の世界に関与してみませんか?

・合わせて読みたい→【衝撃】日本一「呼び捨て」にされていない有名人はあの人 

(文/ハイパーメディアフリーター・黒田 勇樹