KABAちゃんが女性に! 両親命名「一華」=「世界に一つだけの花」説も

2016年3月末、タイで声帯を含めた性別適合手術を受け本物の女性に。5月には戸籍上の性別・名前の変更を行うことを発表した。

2016/10/01 17:30

KABAちゃん.

9月25日放送のフジテレビ系ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』で、タレント・振付師のKABA.ちゃん(47)が戸籍を女性に変更、性別適合手術を受ける模様が放映された。

しらべぇでも既報だが、性同一性障害や同性愛、LGBTは社会的な議論を巻き起こしやすい繊細な問題。有名タレントであるKABA.ちゃんが手術に踏み切ったいきさつを振り返ってみよう。



 

■性別適合手術の決断

幼いころから女性らしく、男性を好きになる気持ちを打ち明けられない辛さを経験するなど、性同一性障害に悩んできたKABA.ちゃん。残りの人生を女性として生きる決断を下したきっかけは、40歳のときに出会った韓国人男性。

恋愛関係にあったこの男性から「体も女性であったらいいのに」と伝えられたことで「女性になりたい」思いが強まった。

過去に複数回の整形手術、ホルモン治療などで女性的な外見に近づき、2016年3月末、タイで声帯を含めた性別適合手術を受け本物の女性に。5月には戸籍上の性別・名前の変更を行うことを発表した。


関連記事:ゲイをカミングアウトした男性が友人に絶交される「人として終わってる」

 

■椛島永次から椛島一華へ

術後、肉体的には女性となったKABA.ちゃんは福岡の実家に帰省。両親に新しい女性としての名前を付けてもらえるよう頼んだ。

両親の命名は「一華(いちか)」。この名前には「一から出直す」「ひと花咲かせましょう」と願いが込められており、KABA.ちゃんも喜びを溢れさせた。

家庭裁判所から戸籍上の性別・名前の変更が認められ、「椛島永次(かばしま・えいじ)」から、女性「椛島一華」として生まれ変わったKABA.ちゃん。

「7割は女性になれたが、やはり埋まらない溝はある。あとは恋愛などでその溝が埋まるかもしれない」と心境を吐露していた。


■視聴者の反応は?

今回のKABA.ちゃんの決断・行動に対してファンは好意的。

Twitterでは女性となったKABA.ちゃんを見た視聴者から「きれいになった」「おめでとう」などのつぶやきが目立った。

また、KABA.ちゃんがSMAPの『世界に一つだけの花』の振り付けを担当していたことから、ひとつだけの花、「一華」と関連付けるつぶやきも目につく。

KABA.ちゃん自身、美しい女性になれたことを喜ぶ半面、今後の仕事面などで不安を持つ場面も見受けられた。それでも後悔は見られない。さまざまなものを天秤にかけ、勇気ある決断で夢を叶えたのだ。

性同一性障害に悩む多くの人々にとって、今回のKABA.ちゃんの決断は大きな意味を持つのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

取材性別適合手術性同一性障害KABA.ちゃん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング