ぱるる、ついにAKB48から卒業! 「夢はジブリの声優」

卒業まであと3ヶ月、AKB48島崎遥香をたくさん見せてほしい。

島崎遥香・ぱるる
(写真提供:JP News)

AKB48の「ぱるる」こと島崎遥香が、「バイトルNEXT」CM発表会に登場。そこでAKB48から年内での卒業を宣言した。



 

■徳光和夫も見守る中…

この発表会には、AKBグループの渡辺麻友・横山由依・指原莉乃、そして司会として選抜総選挙でもおなじみの徳光和夫が出演。

画像は「LINE LIVE」のスクリーンショット
画像は「LINE LIVE」のスクリーンショット

最後の握手会は12月24日、AKB劇場での卒業公演は12月26日を予定している。

画像は「LINE LIVE」のスクリーンショット
画像は「LINE LIVE」のスクリーンショット

コメントを求められた横山は、一度は泣きながら止めたこと、それをうけて悩んでいる姿を見ていたことを涙声で告白。

指原が「劇場のスリッパを全部買い換えて卒業してもらうんです」というと、会場からは笑いが。


関連記事:水着にならない塩対応ぱるる「卒業か?」 7割近くが興味なし

 

■もともと女優志望

もともとぱるるは女優志望。今年に入ってからは日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」、映画「ホーンテッド・キャンパス」に立て続けに出演。

そして10月スタートのテレビ朝日系ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」では初主演を務める。

女優としての評判も良く、こうした声が「卒業」への背中を押したのだろう。

また、夢は「ジブリ映画の声優」とのこと。メンバーからは「なれそう!」「いつか叶うんじゃないか」と応援する声が。


■ネットには悲しむ声が

https://twitter.com/199757Kana/status/782797857942233088


最近は水着にならないなど、AKB48としての活動をおろそかにしているのでは? などと言われていたぱるる。

卒業まであと3ヶ月、AKB48島崎遥香をたくさん見せてほしい。


(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ