鳥越俊太郎の衝撃告白に東国原英夫ドン引き 「返す言葉がなかった」

ジャーナリストとして鍛え上げられた「肝っ玉」は、立候補者のなかでも随一だったのかもしれない。

政治

2016/10/08 14:00

鳥越俊太郎

前回の都知事選に立候補したジャーナリストの鳥越俊太郎との会話を東国原英夫がTwitterでつぶやき、物議を醸している。

13時現在で3,000回弱リツイートされるほど大炎上しているようだが、気になる会話の内容はどのようなものなのだろうか?



 

■東国原氏のつぶやきとは

見てみたところ、どうやら鳥越氏の「思いつきで出馬した」という発言がマズかったらしい。

舛添氏の金銭問題での辞任からの都知事選に思いつきで出馬するとは、都民だけでなくほとんどの国民に「そりゃないでしょ…」と思われても仕方ないだろう。


関連記事:『バイキング』が視聴率で『ヒルナンデス』に勝利!歓喜も冷たい声が

 

■Twitterの反応

実際にTwitterでも鳥越氏の発言に怒りを覚えているネットユーザーが続出し、東国原氏のつぶやきに対してコメントを残していた。

https://twitter.com/toki_amakusa/status/784424620749299712

https://twitter.com/hinrgdisco/status/784425516954554368


■東国原氏を批判する声も

そのほかには「舞台裏の話を暴露するのは良くない」や「思いつきでも主張したいことがあるなら出馬すべき」などの意見があり、東国原氏のつぶやきを批判する声もあるようだ。

思いつきで出馬してしまった鳥越氏、おそらく批判を受けることは分かっていつつ「炎上してよし!」とあえてやったのだろう。ジャーナリストとして鍛え上げられた「肝っ玉」は、立候補者のなかでも随一だったのかもしれない。


(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部