スマホの精子測定キットで『鮭の白子』を調べたら見えたものは…

テクノロジー

2016/10/13 07:30

IMG_8501

TENGAが開発した、スマートフォンで簡単に精子の濃度や運動率を測定することができるキット『TENGAメンズルーペ』。

少子化が進む日本では救世主になるかもしれない、手軽でハイテクな検査キットだ。


画像をもっと見る

 

■人間の精子以外も見られる?

不妊の原因を探るのにも役立ちそうなキットだが、ちょっと気になるのは「人間の精子」以外も見ることができるのかだ。

IMG_8504

そこで近所のスーパーへ行き、旬の『鮭の白子』を購入。精巣である白子をキットで見たら、魚の精子も確認できるのだろうか?


関連記事:リクルートが開発した精子測定アプリ『Seem』を試してみた

 

■スマホで確認すると…?

IMG_8505

実際に鮭の白子を小さなボウルに入れて潰し、レンズに乗せてスマートフォンで確認してみると……!!

IMG_8527

ほ、ほとんど見えない! もしかすると白子は濃厚すぎて、光をさえぎってしまい見られないのだろうか?

IMG_8525

また、白子は精子そのものではなく「精巣」。鮭の精子は淡水に放出された時点で活性化するため、白子のなかにある状態ではまったく動かないのかもしれない。


■濃度の薄い白子なら確認できる?

結果としては鮭の精子は確認できなかったが、もう少し濃度の薄いタラなどの白子であれば、確認できる可能性はある。

もう少し寒い季節になりタラの白子の旬が来たら、再度チャレンジしてみたいと思う。

※使用した鮭の白子はバター焼きにして美味しくいただきました。

・あわせて読みたい→「私はどこから生まれたの?」親の残酷な回答に子供があ然

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男