スネ夫にホラーマン…声優・肝付兼太さん死去に悲しみの声

画像は81プロデュース公式サイトのスクリーンショット
画像は81プロデュース公式サイトのスクリーンショット

24日、「ドラえもん」の2代目スネ夫役や「アンパンマン」のホラーマン役などで知られる声優・肝付兼太さんが20日に肺炎のため死去したことが所属事務所のサイトで発表された。80歳だった。


 

■「ジャイアン、仲良くしてくれ…」

26年間にわたって演じ続けたスネ夫やホラーマンのほか、「にこにこぷん」のじゃじゃまるや「おそ松さん」のイヤミなど、記憶に残る役を演じ続けていた肝付さん。

また、先週放送の「アンパンマン」はホラーマンがメインの回。

今年に入って事務所を移籍しており、これからも活躍が期待されていた。


ネット上でも、肝付さんの死を惜しむ声が広がっている。

ドラえもんの公式サイトにも、お悔やみの文章が掲載されている。

画像はテレビ朝日「ドラえもん」公式サイトのスクリーンショット
画像はテレビ朝日「ドラえもん」公式サイトのスクリーンショット

・合わせて読みたい→ブンブンサテライツ川島道行逝去 妻・須藤理彩「誇りに思います」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ


あなたにオススメ