肝付兼太さん死去にアンパンマンファンの親泣く「子供もホラーマンが大好き」

エンタメ

2016/10/24 18:00

IMG_6015

声優・肝付兼太さんが20日に肺炎のため死去したことが事務所により本日発表され、多くのファンが悲しみのコメントをTwitterなどのSNSに残している。

肝付さんは『ドラえもん』のスネ夫役や、『おそ松さん』のイヤミ役などさまざまなキャラクターを演じてきたが、いま小さな子供を持つ親世代にとってもっとも印象的なのが『アンパンマン』のホラーマン役だろう。


 

■ホラーマンの優しさ

肝付さんが演じるホラーマンの「ホラァ?」というちょっとユーモラスな声は、ガイコツのちょいコワな見た目なのに子供たちがホラーマンに夢中になってしまうほど優しい。

アンパンマンの準主役級キャラクターのなかでも出演回数が多く、親・子供問わずファンが多いキャラクターなだけに、あの声が聞けなくなってしまうのは非常に残念である。


関連記事:「アンパンマンは暴力的」と批判する親 立川志らくの持論に共感の声

 

■Twitterの声

Twitterでも肝付さんのホラーマンボイスを聞けないことを残念がる親たちが続出している。

世代によっては親自身もホラーマンの優しさに触れ育ってきた人も多く、2世代に愛されてきた肝付さんへのお悔やみの言葉が止まらないようだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男


あなたにオススメ