ケンミン8万人調査!岡山県民は瀬戸内海の恵みより肉が好き?

地域

2016/10/31 12:00

瀬戸大橋
JLGJLG/iStock/Thinkstock

桃太郎伝説で知られる岡山県。本州と四国を結ぶ3つの連絡橋のうち真ん中のルート、瀬戸大橋は岡山県倉敷市と香川県坂出市をつないでいる。明石海峡大橋に次いで日本で2番目に長い吊り橋だ。

日照時間が長いため、フルーツの産地としても有名な岡山県、そこに住む人々には、どのような特徴があるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国の男女88,321名に調査した中から、岡山県に住む1,392名を抽出。カイ二乗検定をかけて有意差を判別し、3つのポイントを発見した。


画像をもっと見る

 

①岡山県民は寂しがり屋?

岡山県1

岡山県民の中で「自分は寂しがり屋だと思う」と答えた割合は、全国平均より3ポイント以上高い。

桃太郎がひとりでは鬼と戦わず、犬・猿・キジを仲間にしたように、岡山の人たちは仲間と連れ立って行動することを好むのかもしれない。


関連記事:ケンミン8万人調査!鳥取県民はスタバ嫌いで「将来より今」派?

 

②瀬戸内の恵みがありながら肉好きが多い

岡山県2

ママカリやサワラなど、瀬戸内海で穫れる海の幸で知られる岡山県。しかし、県民の好みは「魚より肉派」が優勢だ。

全国平均より4ポイント近く肉派の割合が高くなっている。


③洋食好きな傾向も

岡山県3

和食より洋食を好む人の割合が高いのも、岡山県民の特徴。和食好きのほうが多数派ではあるが、全国平均より5ポイント近く洋食好きが多い結果となった。

あなたの周りの岡山県民は、どうだろうか?

・合わせて読みたい→ケンミン8万人調査! 島根県民はお風呂と布団好きな和風志向?

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

qzoo調査概要】
 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2015年3月31日~2015年4月20日
対象:全国15歳~90代男女88,321名うち岡山県居住者1,392名(有効回答数)