しらべぇ

将棋・久保利明九段が対局場に現れず不戦敗!その理由に驚き

ホビー

※画像は日本将棋連盟のスクリーンショット

※画像は日本将棋連盟のスクリーンショット

30日、ドワンゴと日本将棋連盟が主催する「叡王戦」の対局に棋士が現れず不戦敗するというトラブルが発生。異例の事態に、驚きが広がっている。

 

■久保利明九段が時間になっても現れず

不戦敗となったのは、関西在住の久保利明九段。王将や棋王のタイトルを取った実力者で、棋士会の副会長を務めている。30日14時から、東京の将棋会館で豊島将之七段との対局が予定されていた。

対局の模様はニコニコ生放送で中継されたが、開始時間になっても久保九段が登場しない。

豊島七段がひたすら盤の前で正座し待つ模様が流れ、「電車が遅延しているのではないか」「トラブルに巻き込まれたのでは」などの憶測が飛んだ。

 

その後、対局規定で「1時間を経過しても来ない場合は不戦敗」のアナウンスが。そして久保九段から「間に合わない」との連絡が入ったことが判明。15時になったところで、豊島七段の勝利が告げられた。

久保九段はプロでは数少なくなった振り飛車党のトップで人気棋士だ。一方豊島七段は高勝率で「序盤中盤終盤隙がない」ことで知られる。2人の対決に注目が集まっていただけに、残念な結果になった。

 

■対局時間を間違えていた

18時半からの「叡王戦」千田翔太五段対佐々木勇気五段の放送前に久保九段が出演し、事情を説明。

対局開始時間を19時と勘違いしており、昼頃大阪から移動する際に14時であることに気がついたそう。

あわてて空港に行ったもののどうしても間に合わなかったことを明かし、謝罪した。

本来なら批判も飛び交うところだが、人間くさい理由だっただけに「これはこれで面白かった」「逆に応援したい」という声も。

対局に穴をあけることは棋士としては致命的だが、中継で謝罪する際の久保九段がかなり落ちこんだ表情をしていただけに、同情的な意見が多いようだ。

 

■遅刻は信用を失う

しかし仕事に遅刻し穴を開ける行為は許されるものではない。

しらべぇ編集部の調査によると、「いつも遅刻する人は信用できない」と答えた人は7割超え。時間の間違いによる遅刻は誰にでも発生する可能性があるだけに、一般人も注意する必要がある。

sirabee1106kubo

今期好調でA級昇級争いでトップに立つ久保九段。この屈辱を対局にぶつけてほしいところだ。

・合わせて読みたい→まただよ…「いつも遅刻をする人」は信用できない人間No.1か

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1378名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集