しらべぇ

【衝撃】くら寿司が『牛丼』発売!魚介だしベースで牛丼屋も真っ青なウマさ

グルメ

sirabee1102ookiakikokura002

『冷やし中華』や『シャリカレーパン』、『イベリコ豚丼』などの人気謎メニューを連発する回転寿司チェーン「くら寿司」が、またスゴい商品を作った。

どんなメニューかというと、なんと『牛丼』。しらべぇ編集部も新商品発表会を取材したので、正直なレビューをお伝えしよう。

 

■甘くてジューシー

開発に6年をかけたというガチな牛丼だが、開発者によると「牛丼はシンプルがゆえに一歩間違えると味がブレる」とのこと。約2万杯・500種類の試作を経て完成したという。

sirabee1102ookiakikokura003

寿司屋ならではの食材「マグロ・カタクチイワシ・ウルメイワシ・カツオ・ソウダガツオ・アジ・サバ」をタレに盛り込んでいる。見た目は普通の牛丼と変わらない。

sirabee1102ookiakikokura004

ひと口食べてみると、特製タレが米に深く染み込み、甘い味付け。肉が柔らかく溶けていく。国産のタマネギは甘みが強くトロッとした食感が良い。絶妙な煮込みのバランスだ。

sirabee1102ookiakikokura005

米は、シャリに用いるものとは別に炊飯している徹底ぶりだ。好みにあわせて、ガリをのせてもうまい。

企業として「食の戦前回帰」を理念に掲げており「うま味調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料不使用」の徹底ぶりだ。

sirabee1102ookiakikokura006

女性や子供からも人気が出そうなこちらの牛丼は、11月4日(金)から全国の「くら寿司」379店舗で370円(税別)で販売する。

 

■牛丼を超えた牛丼?

sirabee1102ookiakikokura007

登壇したくらコーポレーション田中副社長は「専門店にも負けない本格的な商品開発を通じ、お客様満足の向上に務めていきたい」と明言。

吉野家の牛丼(並)が380円(税別)、松屋の牛めし(並)が290円(税別)と比較しても「くら寿司」の牛丼は強気な価格だが、充分に満足できる美味しさだ。

牛丼販売のタイミングに併せて、一時販売を休止していた『7種の魚介だれ すしやの天丼』も平日限定で発売を再開する。

sirabee1102ookiakikokura001

こちらも、はしでつまんでもヘタレない本格的な「えび」と「いか」を贅沢に使用している。注文を受けてから調理し、揚げたてが食べられる本格さだ。

お寿司・ラーメン・カレー・牛丼・天丼と、まさに「味のグランドスラム」を達成する「くら寿司」から今後も目が離せない。

・あわせて読みたい→女子に聞いた「女性を牛丼屋へ連れて行くとき絶対守るべきマナー」がヤバい

(取材・文/しらべぇ編集部・大木亜希子

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu