木下優樹菜が「調子こきな女を不登校に」 体験談披露で大炎上

木下優樹菜イジメ疑惑
(画像はIntsgramのスクリーンショットです)

イジメをなくすことが難しい理由のひとつに、「被害者と加害者の間で認識の相違が起こりやすい」というものがある。

被害者が心を病み、学校に行けなくなったとしても、加害者はなんとも思っていないこともある。

理性や人格が発達途上な時期だからこそ、子供たちには正しい考え方を教える必要があるのだ。

さて、この難しい問題に関して、1日に放送された番組でとあるママタレが過去の武勇伝を披露。それが「イジメではないのか」とネット上で大炎上になっているようだ。



 

■調子こきな女を追い詰め不登校に

日本テレビ系バラエティ番組『今夜くらべてみました』に出演したのは木下優樹菜。

今や2人の子供を持つ母の彼女だが、もともとは生粋の元ヤンだ。彼女の口から語られる強烈なケンカエピソードは、多くの人が知るところだろう。

この日の放送では黒沢かずこ、青山テルマとともに「女っぽさゼロ女」のひとりとして出演。

そして、番組中盤に問題のシーンが訪れる。

まず、「嫌いなタイプの女性」を尋ねられ、彼女は発言がその時々によって変わる、八方美人な女子が苦手と語る。

続けて、そんな「調子こきな女」に対し、学生時代に行なった体験談を話した。以下は、発言の書き起こしである。

「そのままにはしておけない自分がいたから、話に出てくる友達全員呼び出して、みんなの前で暴いていくっていうか。こいつこのときにこう言ってたとか。


そしたら、全部ウソがバレて、そいつが学校に来れなくなるっていう。(中略)全部問い詰めて、スッキリさせないと気が済まない」


これに対し、スタジオは驚きの声が上がったが、横に座っていた青山だけが「わかる」と何度も頷き、同意を示す。

しかも、今年になってから同じ行動をしたと告白したのだ。


関連記事:木下優樹菜が芸能活動を自粛 インスタグラムにコメントが殺到

 

■不快感示すネット民続出

番組内では詳しく事の顛末が語られたわけではなかったので、そのときの細かい状況や、不登校の度合い、木下の詰め具合などは不明だが……

人々の気持ちを逆なでするには十分だった様子。ネット民から厳しい声が寄せられている。

木下としては、正義感から八方美人な同級生を問い詰めたのだろうが……

1対集団という構図や、ウソをひとつひとつ暴いていくというのは、残念ながらかなり暴力的と言わざるを得ない。

また、ネット民の中には「女っぽいやつが嫌いと言ってるくせに、その行動はすごく女らしくてネチネチしてる」など、彼女の言動に矛盾を感じるとの趣旨のツイートも散見された。


■芸能人には元ヤンも多いけれど……

芸能人には木下以外にも、元ヤンを公言する人が数多く存在する。

ヤンキーの持つ「喧嘩っ早いけど、情にあつくて、意外といいやつ」というイメージは、自分を売っていく上では悪くないレッテルなのだろう。

sirabee160714bousou01

しかし、そんな風潮に密かに疑問を持つ人は多いようだ。

「元不良という肩書が評価されることに疑問を感じる」と答えた人が、全体の57%存在したのである。

騒動は今後さらに大きくなると思われるが、そのとき木下は何を語るのだろうか。

番組内ではタイマン後、相手と一気に仲良くなることがあると語っていただけに、不登校になった相手とも和解していれば良いのだが……。

・合わせて読みたい⇒マイルドヤンキーどころじゃない! 荒れた中学出身者の壮絶体験談

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

qzoo-200x94【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2014年8月15日~2014年8月19日
 
対象:全国20~60代の男女1500名(有効回答数)