エド・はるみに水道橋博士が「政治家転身の噂」を追求 返答に驚き

エドはるみさん出馬
(画像は公式ブログのスクリーンショット)

豊洲新市場問題や、オリンピックの経費縮小など、さまざまな分野で大鉈を振るい続ける小池都知事。

『希望の塾』と名付けられた政治塾には約3000人が参加し、盛況だ。

新党結成への布石との見方もあるこの塾には何人か芸能人も参加しているが、その中のひとりであるエド・はるみに注目が集まっているという。


 

■塾参加も「政治家は考えてない」

「グゥ~」というギャグで一世を風靡したエドだが、現在は慶応大学大学院に通い、学問を学ぶ身。

その上で政治塾に通うという意識の高さなのだから、いずれは政界に進出も……と勘ぐってしまいたくなるが、実際のところどうなのだろうか。

この件に関し31日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、彼女自身が言及する一幕があった。

出演者の水道橋博士から出馬の意思を問われると、エドは「考えてません」と否定。

あくまでひとりの都民、国民として政治を現場で学びたいという考えを述べた。

その後も博士はプロレス的に茶々を入れ続けたが、エドは一貫して「水道橋博士!」とたしなめ続けるのみ。

博士のギャグのフリに応えることもなく、生真面目に語る姿は、芸人というよりもはや政治家のようでもある。


関連記事:水道橋博士とウーマン村本が大ケンカ ネット民からは呆れの声

 

■ネットでは水道橋博士批判も

このやり取りに対し、ネット民は「たしかに学ぶのは自由」「政治家向いてそう」などの声が寄せられている。

たしかに、お笑いで鍛えたトーク力や、マナー講師の経歴は政治家としても活かせそうに思える。


■一方、「出馬とか勘弁して」と思う人も…

しかし、ネット民の中には彼女に政治家になってほしくないと考える人も少なからずいる様子だ。

ネット民が言うように、エドが特有の「プライドの高さの持ち主」であることは、これまで度々指摘されてきたこと。

死亡説のデマが流れた際に、宣戦布告して犯人を探したことがあれば、自身への中傷コメントには法的措置を取ったり……

また、「グゥ~」というギャグも失速後は一時的に封印したり、一発屋としての仕事を断るなどの言動も業界各所から報告されている。


本人いわく出馬はないとのことなので、上記のツイートも杞憂に終わる可能性が高いだろうが、政治家は芸人以上に揚げ足取りやツッコミ、誹謗中傷にあう仕事。

水道橋博士のわかりきった追求をうまくかわせないようでは先が思いやられるので、そういう意味では政治家に転身しないというのは、本人にとっても有権者にとってもウィンウィンな決断なのかもしれない。

・合わせて読みたい⇒小池百合子氏が都知事になってよかった? 年代別結果と「街の声」

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤


あなたにオススメ