犯罪なのか?「使えそうなゴミ」をそっと持ち帰ったことある人の割合

社会

2016/11/05 18:30

Feng Yu/iStock/Thinkstock

まだ使えるかもしれない物が道に捨ててあり、思わず拾ってしまいたくなる衝動にかられたことがある人は、少なからずいるだろう。

持ち帰ってしまいたいと思いつつも、行動に移すことは別問題だ。

そこで、しらべぇ編集部では、全国20代〜60代の男女1387名に「使えそうなゴミをそっと持ち帰ったことがある人」がどのくらいいるのか、調査してみた。


画像をもっと見る

 

■買えるか買えないかは関係ない?

ゴミを持ち帰った人


一般的に考えると、年収の高い人の方が新品を購入できるため持ち帰らないイメージだが、年収1000万円以上の人が20%を超えるという驚きの結果になった。

どうやら物を買えるか、買えないかの問題ではないようだ。


関連記事:突如、100円ショップで品薄状態になったモノ マスクと思いきや…

 

■人だけでなく物も欲しがる?

ゴミを持ち帰った人

「二股以上したことがある」に「あてはまる」と回答した人は、28.5%という高い数値になった。

人だけではなく、物に対しても「欲しがりちゃん」なのかもしれない…。


そもそも犯罪なのか?

そもそもゴミを持ち帰るということは、犯罪に値することなのだろうか? 弁護士に聞いてみた。

「粗大ごみのシールが貼られてある粗大ごみは、自治体の所有物ということになります。

自治体によって持ち帰るのを黙認しているところと、厳しく取り締まっているところがあります。

道端にあるゴミは遺失物となるので、場合によっては窃盗罪の罪に問われることもあります。(30代男性・弁護士)」


法律的には極めてグレーなラインのようだ。

物を大切にする心が強い人は、拾ってしまいたくなる衝動にかられてしまうかもしれないが、トラブルを避けたいのなら、持ち帰らないほうがよさそうだ。

・あわせて読みたい→渋谷がハロウィンで「ゴミだらけ」と話題 惨状を取材した結果

(文/しらべぇ編集部・ニートgoma
qzoo-200x94【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)