ももちが芸能界引退を発表!「有力なアイドルが消える」とショックの声

エンタメ

2016/11/05 21:00

(画像はハロープロジェクトオフィシャルサイトのスクリーンショット)
(画像はハロープロジェクトオフィシャルサイトのスクリーンショット)

カントリー・ガールズの「ももち」こと嗣永桃子が、5日に行われたライブで突如ハロープロジェクトからの卒業と事実上の芸能界引退を発表。

突然のことだっただけに、ファンからはショックの声が。

https://twitter.com/renrara4902/status/794821261796872192

https://twitter.com/Uz01M/status/794821229647536128



 

■教育者に転身へ

嗣永は大学に通い教育実習も済ませ、幼稚園と小学校の教員免許を取得済。じつは真面目でしっかりした性格であることは周知の事実で、教育者への転身もスムーズにいくものと思われる。

プロのアイドルとしてブリッコキャラに徹してきた「ももち」は、「いつまでそのキャラを継続するのか」注目されてきた。どうやらその答えは「維持したまま芸能界から姿を消す」だったよう。

決意に至った真相は本人しかわからないが、じつは「キャラ継続の限界」にきていたのかもしれない。


関連記事:木下優樹菜、安室引退に自撮りの号泣動画を投稿 「悲しいアピール?」と批判殺到

 

■キャラ変更するアイドルは多いが…

「こりん星から来た」などと宣言していた小倉優子がいつのまにかママタレントになっていたり、「おニャン子クラブ」で一世を風靡した国生さゆりがサスペンスドラマで性格の悪い犯人役を演じハマり役になるなど、年齢を重ねてキャラを変更するアイドルは少なくない。

だが、ファンはそれでも応援し続けるケースがほとんどだ。しらべぇ編集部の調査によると、「好きなアイドルが年齢を重ねて嫌いになったことがある」と答えた人は、わずか2割程度。

aid

よほどのことがない限り、ファンはいつまでも見守ってくれる。それを考えれば「ももちは全部作られたキャラクターでした」とカミングアウトしても、反感を持つ人はごくわずかだったであろう。

その強烈なキャラクターと頭の回転の早さはダウンタウンや明石家さんまなども評価し気に入られていたほか、ダンスや歌を完璧にこなす。

その姿勢「嗣永プロ」といわれ男女問わず熱烈なファンが存在していただけに、引退はもったいないようにも思える。

しかし本人は、退路を断って教育者の道を選択した模様。その決断を尊重することが、真のファンの姿なのかもしれない。

・合わせて読みたい→乃木坂46・橋本の引退は親の借金が関係?  返済アイドルは他にもいた

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年12月22日~2012年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1353名(有効回答数)