NASAのエンジニアが火花を散らす、ハイテクかぼちゃ彫刻コンテスト

話題

2016/11/06 12:00

※画像はYouTubeのスクリーンショット
※画像はYouTubeのスクリーンショット

2016年のハロウィンはいかがだっただろうか?

未だに興味ナシという人も多いと思うが、今年は例年にも増して、日本でも定着した感のある規模・内容だったのではないだろうか。

そこで今回は、ハロウィンを盛大に楽しむ国の本場アメリカから、NASAのエンジニアたちが技術を競い合う「ハイテクかぼちゃ彫刻コンテスト」というものをご紹介しよう。



 

■NASAのかぼちゃ彫刻コンテスト

米カリフォルニア州にあるNASA(アメリカ航空宇宙局)のジェット推進研究所で毎年行われている「ハイテクかぼちゃ彫刻コンテスト」は、高い技術を持ったエンジニアたちが無駄な事に全力を注ぐというユニークでユーモアたっぷりなコンテスト。

エンジニアたちは事前に使用するかぼちゃを選び、どのような彫刻を施すか考えておくことができるが、実際に作業できるのはたったの1時間しかない。

宇宙開発のために培った技術力を用いて、1時間でどれだけ面白いかぼちゃを作れるかが最大のポイントとなる。


関連記事:女子が好きなあの食べ物!じつは半数以上の人に嫌われている?

 

■シュールな作品がたくさん

ジェット推進研究所で働くAaron YazzieさんのTwitterから、実際にどのようなかぼちゃ彫刻がノミネートされたかを見ていってみよう。


かぼちゃの中から怪しい実験に使われてそうなチョコレートが…


最も役に立たないかぼちゃマシン。スイッチを入れると自動でスイッチを消す。


これはもう、どこからがかぼちゃなのか…

これだけの大作を1時間で作ってしまう技術力もさることながら、いい大人たちがいつまでもユーモアを忘れていないって素晴らしいことだよね。

・あわせて読みたい→ローラ、氣志團、黒柳徹子…芸能人のハロウィン仮装が本気すぎる 

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま