しらべぇ

SNSに子どもの顔を載せたくない20代は少数派 世代差が浮き彫りに

テクノロジー

Milatas/iStock/Thinkstock

Milatas/iStock/Thinkstock

しらべぇの調査では、「SNSにパートナーの顔画像を載せたことがある」人は全体の7%。20代に絞っても1割程度だった。

パートナーだけでなく自分の子どもの画像をSNSにアップする人もおり、アカウントのアイコンを子どもの写真にする人も少なくない。

しらべぇ編集部は、全国20代~60代の子どもをもつ男女624名を対象に「子どもの画像とSNSとのつきあい方」について調査を実施した。

 

■20代はSNSに子どもの画像を載せていない人が少数派

「SNSやネット上に自分の子どもの顔が写った画像・映像を載せますか?」と訪ねたところ、20代では載せたことがある人は過半数。

30代以上は載せたくないと考えている人が過半数。世代間で大きなギャップがある。

sirabee20161109snskodomo2

 

■二股経験のある人やApple信者は子どもの画像掲載に寛容

二股以上したことが「ある」人と「ない」人で画像を載せたことのある人の割合は15ポイントの差があった。

しらべぇの調査では「浮気中の人の半分はSNSに恋人の画像を載せたことがある」と判明しており、どこか相関関係がありそうだ。

sirabee20161109snskodomo3

また、「Apple信者だ」と回答した人は子どもの画像や動画をアップしている割合が高い。iPhoneやMacの使い道のひとつとして楽しんでいるようだ。

 

20代の親たちが子どもの画像をSNSに載せることについて、当然のようにふるまう可能性もある。とくに40代以上は理解しておかなければならないだろう。

気になる場合は話し合いをしてみることも必要だ。なんとなく周りが見せてくれるから、ではなく、なんのために画像をアップロードするのか、目的をもって行動したいものである。

・合わせて読みたい→浮気中の人の半分はSNSに恋人の画像を載せたことがあると判明

(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

qzoo-200x94【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の子どもをもつ男女624名(有効回答数)

関連記事

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集