華やかなあの子は夜の蝶?水商売で働く女子大生を見分ける4つの方法

男女

2016/11/11 11:00

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)
(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

いつも華やかなあの子。キラキラした服装に磨きがかかったメイク、俺には全く興味がなさそう。何だか違う世界を歩いているよう。

もしかして…と疑ってしまう人も多いのではないだろうか? 現役女子大生の記者が、そんな夜のバイトをしている女子大生を見分けるポイントを紹介しよう。


 

①飲み屋での対応がやけにスムーズ

よくあるのは、居酒屋で水割りをつくる手際がよく、灰皿が汚れるたびに交換するなど、気遣いがやけにできる子。

聞き上手や、下ネタなどの会話の交わし方も上手な子など、「場慣れ」している子もあてはまる。

異様な心地よさを感じたときは少し疑ったほうがいいだろう。


 

②身なりや言動が前と変わってしまった

友人が夜のバイトをしているRさんに話を聞いた。その友人はもともと家の事情でぎりぎりの生活をしていたそう。

学校に通いながら1年前から始め、最近になり変わってしまったと彼女は言う。

Rさん「もともと真面目で負けず嫌いの子でした。初めは慣れず苦戦していたようでも、最近はサービス精神全開なんじゃないかな。


いまではチェーン店の居酒屋はまずいからと行かないし、30万のバッグを身に付けていて、いかにも高飛車な女になってしまいましたよ」


こんな風に変わってしまった子は可能性が高い。人はお金で左右されやすいのだ。


③卒業旅行が豪華すぎる

卒業旅行に行く女子大生に「アルバイト代で貯めたんでしょ」と思う人も多いだろう。ここに罠がある。

よっぽど切り詰めない限り、普通のアルバイトではそう簡単にお金はたまらない。

超豪華だったり、2つ3つ行ったりするのはあやしいと思わないだろうか。


④同世代の男子に対して興味がない

年上のおじさまと話す機会が多いため、家庭、充分な経済力、地位を持っている彼らを常に目にしてから同世代の男子たちが子供に見えてしまうそう。

最近夜のバイトを抜け出したAさんに話を聞いた。

Aさん「前よりも生活を下げることはできません。もう働いてないですが、そこで捕まえたお客さんは20歳年上で、いまだに関係は持っています。


『こんな仕事辞めなよ』、『お金は俺に任せて』と言ってくれて、引っ越し代から初期費用、家賃まで全て支払ってくれました。


引っ越しと同時に生活用品、服も全部買ってくれました。


この先も彼が養ってくれると言っていますが、関係を切られたら本当に私は生活できません。早くだれかに養ってもらいたいとの気持ちしかないです。


彼は結婚してるけど、いつか私に振り向いてくれないかなと待つばかりです…。同世代の男子にはいっさい興味ありません」


一度、どっぷりはまってしまうと抜けきれないもの。あなたの気になるあの子は当てはまっている?

・合わせて読みたい→就職後も役に立つ? キャバクラなど「夜の店」で働いたことある女性10人中1人の衝撃!

(取材・文/しらべぇ編集部・ガガ

あなたにオススメ