警察の取り調べといえばカツ丼!と思っている人の割合は…

エンタメ

2016/11/17 19:00

noritos/iStock/Thinkstock
(noritos/iStock/Thinkstock)

刑事ドラマの取調室では、必ずといっていいほどカツ丼がでてくる。警官が「ほら、食えよ」と無償で食べさせながら、情に訴える手法で自白を促すおなじみのシーンだ。

日本人なら、誰もが1回は見たことがある光景ではないだろうか?



 

■元祖は『太陽にほえろ』?

なぜ刑事ドラマにカツ丼が定着したのか。その元祖は『太陽にほえろ!』であるとの説が有力。

山さんや長さんがカツ丼を犯人に提供し、情に訴え自白に追い込むシーンがたびたび放送されたため「ああいうことが日常的に行われている」とすりこまれてしまったようだ。

一方で、1955年に公開された映画『警察日記』が元祖ではないかとの説も。同作品では容疑者が警察から丼物をおごってもらうシーンがあり、これが犯人に丼物を提供するシーンのはじまりだという。

その様子をみた脚本家やプロデューサーが刑事ドラマに転用し、高視聴率の『太陽にほえろ』で広がっていったらしい。

ただし『警察日記』では、取り調べが終わった後で出されるのは天丼。「なぜカツ丼なのか」については、よくわかっていない。


関連記事:「カツ丼食うか?」でおなじみ 留置所に入ったことがある人の割合は…

 

■取調室といえばカツ丼と思っている人の割合は?

刑事ドラマの影響で「警察の取調室といえばカツ丼」と思っている人が少なくないと聞く。冗談のような話だが、本当らしい。

そこでしらべぇ編集部では全国の男女に警察の取り調べとカツ丼の関連性について調査。

sirabee1118katsu

結果、各世代で3割から4割が「カツ丼は定番」であると回答。とくに20代女性は39.3%とその割合が突出して高くなっている。

本物の取調室とは無縁である世代だけに、ドラマでみたような世界が広がっているのではないかと勘違いしてしまうのかもしれない。


■現実で出てくることはない

現実世界で刑事が取り調べ中にカツ丼などの出前を提供することは利益供与になるため、まずありえない。

タレントのビートたけしはフライデー事件で逮捕された際の取り調べでカツ丼を出すよう要求し、実際に食べることができたが、のちに代金を請求され驚いたと語っている。

警察のご厄介にはならないのが1番だが、「とりあえず捕まったらカツ丼を食べよう」と思っていると、あとで料金を請求されてしまうかもしれない。

・合わせて読みたい→『あぶない刑事』も凄い! 昭和刑事ドラマのありえないシーン5選

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)