非行防止に効果?警官が放った言葉が「核心を突いてる」と話題

2016/11/18 19:00

(Antonprado/iStock/Thinkstock)
(Antonprado/iStock/Thinkstock)

未成年者の非行を防ぐためさまざまな対策を行なっている警察。人気タレントをポスターに起用したり、非行防止講習を行なうなど、さまざまな努力が垣間見える。

これに関して、とあるTwitterユーザーのつぶやきが注目を集めている。



 

■意外すぎる警察官の話に驚愕

Twitterユーザーの「安酉鵺」さん(@AtoriNuE)のツイート。

とある非行防止講習の担当警察官の話が効果的と感じたという内容なのだが、「親や自分のために…」と訴えるよりも、「補導すると警察官たちにボーナスが入る」という情報を流したほうが防止につながるというもの。

15人ほど捕まえると仲間たちと飲みに行けるほどのお金になるとのこと。中でも秀逸なのは「非行で我々に宴会をおごる」という文言である。

これにはネット民も納得している様子で、「効果ありそう」「他人の得は許しがたい」となどの意見が集まっている。中には警察官に貢献したと、自分の過去を振り返る声も。


なんとも面白い視点のツイートだが、いずれにせよこの話によって非行に走る若者の数が減少すればそれに越したことはない。

こういった「都市伝説」ともいえる話が、ある意味で社会を健全にしていくのかもしれない。

・合わせて読みたい→【衝撃】車所有者の半数以上が「警察の取り締まりは卑怯」と感じている

(文/しらべぇ編集部・伊藤大生

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

Twitter警察非行防止鼠捕り取締り
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング