元プロ野球・種田仁が逮捕→「内装業勤務」のほうに驚くネット民

話題

2016/11/22 17:00

種田仁逮捕
(画像はYoutubeのスクリーンショット)

独特の「がに股打法」で活躍した元プロ野球選手の種田仁容疑者(45)が21日、岩手県警によって逮捕された。

内容は無免許でスピード違反(道交法違反)の疑い。しかし、逮捕よりも他のある部分について注目が集まっているようだ。


 

■内装業会社員(しかも営業)の肩書に驚き

種田容疑者は勤めている内装業の営業で、ライトバンを運転している最中に検挙されたそうだが、じつは免許停止期間中だったらしい。

取り調べに対し、本人は「免許停止は明けていると思っていた」と話しているという。

横浜など3球団で活躍し、一時期は楽天でコーチを務めていた人物が、今は内装業の社員。しかも、営業であるという。

意外すぎる異業種への転身に、野球ファンのネット民からも驚きの声が寄せられている。

かつての名プレイヤーの知られざる転身に、諸行無常を感じて切なくなっている人も少なくないようだ。


 

■野球選手の引退後は意外と大変?

華やかなイメージのあるプロ野球の世界だが、引退後のキャリア形成はかなり難しいとされる。

監督やコーチなどの指導者になれる人はごくわずか。解説者も、かつてのスタープレイヤーたちとその席を争うことになる。

ゆえに、多くの元プロ野球選手は企業に就職したり、自分の店を開いたりすることわけだが、誤解を恐れずに言えば、彼らの多くは「ずっと野球しかしてこなかった人」だ。

現役時代にそれなりに稼いだとしても、その分使っていることも多く、目先の金に困るケースも少なくない。

プロ野球選手の引退後は、我々が想像する以上に厳しいものなのだ。

野球選手引退後

ちなみに、しらべぇの調査では「引退後のプロ野球選手に失望したことがある?」という問いに対し、全体の4割が「あると回答している。

種田の場合、ギャンブル好きがたたって自己破産という噂も出ている。真偽は不明だが、いずれにせよファンにある種の現実を見せたのは間違いない。

・合わせて読みたい⇒カープ優勝でグラドルたちが祝い水着 他球団ファンも感謝

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

あなたにオススメ