大人が考えている以上にプレッシャー多数 転校生あるある4選

ライフ

2016/11/22 18:30

転校生
(©ぱくたそ)

子供にとって転校することは、一種の試練である。

最初は誰しも、新しい学校や新たな友だちとの出会いへ、期待に胸を膨らませるが、思った以上に厳しい現実が待ち受けている。

しらべぇ編集部は、転校生あるあるを調査をしてみた。



 

①最初は人気者

転校した初日は周りからの視線を独り占めし、まるでアイドルかタレントかのような気分を味わえる。


しかし、ワクワクやドキドキする感覚はほんの一瞬。

次第に、馴染めるのか? という不安感に加え、注目されていることがプレッシャーになり、見えないストレスが溜まることがある。

最初の数日のピークをすぎると、、徐々に話しかけられなくなっていくので、その波にのって友だちを作らないと次第に取り残されていく。むしろここで友だちができない場合、自分から話しかけても、手のひらを返したようにそっけない反応をされてしまうことも。


関連記事:広瀬アリス、妹・すずからの突然の連絡に困惑 「本当になんなの?」

 

②ペアやグループ作りに敏感

クラスの何人かで、ペアやグループを作らなくてはいけないときに、あぶれてしまうのでは? という不安感が人より強い。

仲がいい友だちができたとしても、昔からの友だちには勝てないのだ。

また、一度あぶれてしまうと、クラスのメンバーの態度が冷たくなることがあるので、必要以上に敏感になる。


③標準語を喋る

転校先での方言やなまりに、外国に来たかのようなカルチャーショックを受ける。地域によっては、先生の言葉さえも聞き取れなくて苦労することも。

また、転校前の方言やなまりを“からかわれるんんじゃないか?”という思いから、標準語を喋ることが多い。


④兄弟姉妹の絆が強い

兄弟姉妹がいる場合、新しい場所に飛び込むという経験を共有することで、お互いを思いやるキッカケができる。

そのため転校経験のない人よりも、兄弟や姉妹に対する絆が深い傾向も。

環境の変化は大人でもストレスになるが、元気にふるまっているように見えても、大きなストレスを感じていることもある。

経験者にしかわからない部分もあるが、周りの大人は子供のちょっとした変化に注意しつつ、環境の変化に対応できるまで十分なケアをしてあげたい。

・合わせて読みたい→聴覚障害を扱った名作『聲の形』がついに公開 京アニに期待の声

(取材・文/しらべぇ編集部・ニートgoma