母親の無神経さを世に問う TBSラジオ番組の人気コーナーが書籍化

コラム

2016/11/26 11:30

人はだれしも犯されたくはない自分だけの聖域を持っている。しかし、その聖域に土足で堂々と入り込んでくるモンスターがこの世には必ず存在する。

その代表格が、「母」である。

人は皆、母から産まれてきた。それはわかっているけれど、そんなあたりまえのことを盾に理不尽である「母性という名の無神経さ=母シズム」の発動をされるとさすがにこう叫びたくなる。

「ババァ、ノックしろよ!」

sirabee20161119bungaku1
「ババァ、ノックしろよ!」(TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」編・リトルモア刊)


 

■人気ラジオ番組投稿コーナーの書籍化

「母シズム」を告発した抱腹絶倒、ときには同調、更にはウーンと頷ける貴重な一冊。

TBSの人気ラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(毎週土曜22:00~24:00)の中の投稿コーナーを書籍化したものだ。

お母さんやお父さん、兄弟などから受けた忘れられない辱めや、逆に現役の母からの懺悔、合わせて60のエピソードを掲載。

一つひとつにパーソナリティの宇多丸氏による書き下ろしコメントをつけたディープな内容になっている。

番組レギュラーのしまおまほ氏、番組アドバイザー・妹尾匡夫氏、構成作家・古川耕氏による書き下ろし「エクストラ・ババァ」編も収録。

外出先で読むのに罪の意識を感じる人もいるかもしれない。そんな人が使える様に、カバー裏は多国籍語で書かれたオシャレなフェイクカバー仕様になっている。

sirabee20161119bungaku2

日本中のあらゆる「母シズム」を告発した一冊を読んで、あなたはどう感じるだろうか? おそらく同調、同情、同志であると思える節が多いであろう。

しかし、それとは裏腹に、裏表紙に書かれた「…でもね、お母さん、産んでくれて、ありがとう」の言葉に胸を打たれる人は少なくはないはずだ。

・あわせて読みたい→イスラムをどれだけ知ってる? 今読んでおきたい「となりのイスラム」 

(文/芥川 奈於