歯医者嫌いが原因?1年以上行かない人は4割も

ライフ

2016/11/28 12:00

歯医者
(©ぱくたそ)

虫歯の治療などで行く歯医者。最近では、虫歯の自覚といった不具合を感じなくても、予防や検診のために行く人も少なくないだろう。

そこでしらべぇでは、全国20代〜60代の男女1,387名に対し、「歯医者に1年以上行っていない」という人の割合を調査してみた。


画像をもっと見る

 

■男女比では10ポイント以上の差

全体の割合で見てみると、歯医者に1年以上行っていないという人は39.2%だったが、男女比を比べてみると、女性が32.1%だったのに対し、男性は46.3%と14ポイントも高い結果に。

歯医者

女性は化粧やヘアセットなどをすることによって、顔周りのメンテナンスについて気遣いをする傾向が高いことで、歯にも同様の意識が向けられていると考えられる。

「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズがあったこともあり、女性は男性より、歯が人に与える印象は大事だと考える人が多いのかもしれない。


関連記事:年をとるほど大切さに気づく? 定期的に歯科検診へ通う世代とは

 

■アニメ好きは半数も

特徴別で見てみると、アニメが好きだと答えた人で、歯医者に1年以上行っていない人は5割。

歯医者

なんと、アニメ好きな人の半数以上が、歯医者に1年以上行っていないという結果に。現実世界から離れ、アニメという二次元に熱中していれば、歯に対する意識が減ることは否めないだろう。


■放置すると恐ろしい事態に

虫歯の自覚があるにも関わらず、歯医者に行っていないという人に伝えたいのは、放置すると大変な事態になるということだ。

実際、虫歯の自覚があるのに放置していたという30代男性に話を聞いてみると…

「一時期、親知らずが虫歯になって痛みが激しい時があったんですが、仕事の都合で忙しく、歯医者に行けなかったですよ。少ししたら痛みも和らいできたので、いいかな…と思って。そのまま放置しちゃったんですが、あとで扁桃腺まで腫れて、1週間入院するという事態になりました」(30代・女性)


仕事が忙しいからと虫歯を放置した結果、逆に会社に迷惑をかけてしまうという事態になったそうだ。

以前しらべぇが調査した【医師が忠告】「親知らずは放置NG!」妊娠・出産にも影響でも明らかになったのは、親知らずの放置は妊娠や出産にも影響するということだ。

親知らずを放置する女性は半数近く!身体にあらわれる危険な異変とはでも、細菌の感染により死に至るケースもあるそう。

 

一度虫歯で歯医者に行くと、何度か通うことも多く、仕事が忙しい人にとっては次回の予約をとるのも一苦労だろう。しかし、虫歯が勝手に治ることはない。

面倒臭がらず、大事になる前に歯医者へ行こう。

(取材・文/しらべぇ編集部・山吹彩野

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)