あの頃、先生の心ない言葉に傷つけられていたのはこんな子

ライフ

2016/11/29 20:00

(miya227/iStock/Thinkstock)
(miya227/iStock/Thinkstock)

学生のいじめ問題のニュースが、後を絶たない。

そんな中、ときおり耳にするのが教師による生徒へのいじめ。生徒同士のいじめに端を発したものもあれば、教師が一方的に特定の生徒を攻撃する事例もある。

いじめまでいかなくとも、指導する立場の人からの言葉は、生徒の心に重く響く。

しらべぇ編集部で「学校の先生の心無い言葉で傷つけられたことがある」経験者を調査したところ、その生徒のタイプが明らかになった。


画像をもっと見る

 

■女子に目立つ「傷ついた」声

「学校の先生に心無い言葉で傷つけられたことがある」人は全体で27.8%。

年代別で差がなかったものの、女性が男性より4.3ポイントほど高い30.0%の回答になった。男子生徒も中学生にもなると大人並みの体格。女子のほうが先生も言いやすいのかもしれない。

そして、どんな女子が当てはまるのかというのが次。

sirabee20161124tobi-kyousi-1

男性では、モテるタイプとそうではないタイプで「言葉で傷つけられた」の回答に差はない。しかし女性は8ポイント以上の開きで、モテないタイプが傷つけられている。

女性の場合はルックスや雰囲気も影響しているようだ。


関連記事:『バイキング』坂上忍、教員の懲戒処分の甘さに苦言 「納得する人いない」

 

■「頭がいい人」は安全…?

意外なことに、「頭がいい」人ほど「教師の言葉で傷つけられた」経験者が多く、特に女性での開きが大きい。

sirabee20161124tobi-kyousi-2

その他の回答も整理すると、男女ともに「出世している」「リーダーになる」「ブランドものが好き」「神経質」なタイプに「教師の言葉で傷つけらた」人が多くなる。

反発したり生意気な発言をしてしまい、教師も大人げない言葉を返してしまうことがあるのかも。


■現在の人間関係の満足度にも差が

子供から教師の行き過ぎた指導やいじめなどを相談されたら、話を聞いて子供の言い分を肯定し、学校にしっかりと伝えること。親が「絶対的な子供の味方」であることがポイントだ。

ところで「教師の言葉に傷つけられた経験がある」人の現在はどうなのだろうか?

家族関係の満足度別に集計すると、不満度の高い人ほど「傷つけられた」の回答が多くなる。

sirabee20161124tobi-kyousi-3

同様に「離婚願望」のある人にも「傷ついた」割合が高いのだ。

教師の何気ない一言が、現在も家族への言動に強く影響している可能性がある。そして指導する立場の人は、相手の心理状況に合わせて適切な言葉を選ぶ心の余裕を持ちたい。

・合わせて読みたい小学校内で喫煙した教師たちを注意 無視された校長に「情けない」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・谷葦夫