『逃げ恥』富田靖子演じるみくりの母の「恋愛名言」に共感する人が続出

(画像はTBSオンデマンドのスクリーンショット)
(画像はTBSオンデマンドのスクリーンショット)

新垣結衣主演で放送中の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。

主人公を取り巻く脇のキャラクターたちの個性の豊かさが人気の理由のひとつだ。ユニークでときにはシリアスな人たちに共感する人も多いだろう。

そんな中でも、富田靖子演じる森山桜が放った言葉が「名言すぎる」と話題になっているようだ。



 

■「運命の相手にするのよ」

29日に放送された第8話での一幕。森山家でみくり(役:新垣)と会話する中で「運命の人」についての持論を述べるシーンがあった。

そこで桜は「無償の愛なんて注げない」「運命の相手なんていないわよ」とみくりに言い放った。あまりに現実的すぎる意見にみくりも「夢がない」と返す。

そこで桜は「運命の相手にするのよ」とつぶやき、真剣な眼差しでみくりを見つめる。

妻として母として生きた桜の言葉は、みくりだけでなく、視聴者にも届いた様子。


関連記事:『逃げ恥』津崎平匡の深刻な「非童貞説」 星野源のモテも影響か

 

■運命の出会いの経験は2割

努力して夫を愛してきたから桜だからこそ言える「運命の相手はいない」という言葉には、重みや深みを感じられる。

しかし、しらべぇ編集部の調査では、5人に1人が「運命の出会いをした」と回答。

運命の出会い

出会うことができたらラッキーという程度に留めておくのが良いようだ。


付き合ってみたはいいが、「なにか違う…」と破綻するカップルは多い。「運命の相手じゃなかった」と嘆くこともあるはず。恋人ならまだしも結婚していたならば、「ハイ、終わり」と別れるのも容易ではない。

だからこそ、桜のように愛し続ける努力をしつづけることがが重要なのかもしれない。パロディやユーモアに隠された重みのある言葉こそ、『逃げ恥』の魅力と言えるだろう。

・合わせて読みたい→『逃げ恥』でガッキーが「無職」の妄想 背筋凍る人が続出する悲劇

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:20代~60代の男女1345名