しらべぇ

西川貴教の「アイコン芸人」ぶりがヤバい 期待の斜め上を行くセンスに驚愕

エンタメ

西川貴教冬の日

(画像はTwitterのスクリーンショット)

12月に入り、今年も残すことあとわずか。寒さも本格化し、冬を実感することも多いのではないだろうか。

そんな中、西川貴教のTwitterアイコンがヤバすぎると話題になっている。

 

■霜だらけの西川貴教

11月30日の4時55分ごろ、「気がつくと今年も残すところ1ヶ月ですね…」という投稿とともに自身のTwitterのアイコンを更新。

体中が霜で覆われ、髪からは氷柱が垂れるなど、寒さが伝わってくるような写真だ。「冬っぽいアイコン」とのことだが、さすがに極寒すぎるのではないだろうか。

西川のファンサービスに、ネットユーザーも「シェービングクリームみたい」「パイ投げかな?」と楽しんでいる様子。

 

■「アイコン芸人」西川貴教

「アイコン芸人」と呼ばれているように、西川はこれまでも数々の奇妙な写真を投稿していた。

海の日ではタコ、秋分の日ではモモンガ、ベストアルバムでは新聞紙など「なぜそれを顔に乗せる」「どうしてそんなにも風が吹く」と言いたくなるような写真ばかりだ。

ここまでくると「HOT LIMIT」の衣装は西川だと判別するための記号にしかなっていない。いや、むしろこの衣装さえ着ていれば西川だとわかるのがすごいところか…。

 

コミケに参戦するなどファンサービスの多い西川。Twitterでもファンへの気配りを忘れないところはさすがというところだろう。なにより本人が楽しんでいる様子は、見ている側としても元気づけられる。

しかし、この霜だらけの西川に「温め合おう」と言われたら、さすがに拒否しそうだが…。

・合わせて読みたい→たった2時間で「西川貴教の薄い本、完売!」 転売に非難の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集