不倫よりもキツい?泥沼な恋に溺れてしまっている人たち3選

2016/12/08 09:00

(©ぱくたそ)
(©ぱくたそ)

有名人たちの「ゲス不倫」が、何かと世間を騒がせた2016年だが、世の中には不倫よりも泥沼な恋愛が存在する。

しらべぇ編集部は、そんな泥沼な恋愛に溺れてしまった人たちの恋愛事情を取材した。



 

①援交斡旋業者に恋する20代女性

「私は援助交際でお金を稼いでいます。

援助交際斡旋業者は担当1人につき100人くらい女の子を抱えているんですが、その担当の人に恋をしてしまいました。

本人に『俺がお前のことを恋愛相手として見れると思ってるの?』と言われてしまい、担当が変わってしまいましたが、恋を諦めることができません。

彼に振り向いてもらうために仕事を頑張りたいと思っています」(20代・女性)

若い女子を食い物にする援交斡旋業者が、闇社会では存在する。そんな人に恋なんてせず、早く目を覚ましてもらいたいと願うばかりだ。


関連記事:テリー伊藤、不倫釈明の渡部に激怒 「原因は金払いの悪さ」「被害者発言するな」

 

②ホストに溺れる30代女性

「彼氏がホストなんですが、彼の夢は自分のお店を出すことです。私は風俗で働きながら、彼の夢を一緒に叶えようと貯蓄しています。

付き合った当初は、同伴してお店の中以外でも会えていたんですが、最近は彼が忙しいのでお店の中でしか会えないのが悩みです。でも、彼は同伴を他のお客さんにはしないので、私だけは特別だと思っています。

不安はありますが、ちゃんとした恋人関係だからこそ、私にだけ同伴してくれていると信じているんです」(30代・女性)

ホストに金を貢いで借金を作り、AVデビューしたことで世間を騒がせた坂口杏里が話題となったが、一般女性でも同じようなパターンは存在する。

ホストに本気で恋愛すること自体が、間違いだと思うのだが…。


③シングルマザーに貢ぐ50代男性

「シングルマザーで子どもを養っている女性と、不倫関係になりました。

彼女のために離婚を考えた時期もありますが、近頃はお金が目的なだけではと思い始めています。

最近では食事にも行ってもらえず、ただお金を渡すだけの関係が続いています。

食事をする時も、高級なお店にしか行きたくないと言われたり、プレゼントもブランド物をねだられます。

お金目的と疑う気持ちもあるんですが、本来はそんな子ではないと信じています」(50代・男性)

シングルマザーの生活苦が、このような状態を巻き起こしてしまうのかもしれない。

根が純粋で真面目な人たち程、泥沼な恋愛に陥るケースが多い。それでも本人が幸せならば、周りの人間からは「止めてもムダ」となるのが難しいこところだ。

・合わせて読みたい→昼ドラのようなドロドロ恋愛劇経験者は14.5%!泥沼すぎるエピソードも…

(取材・文/しらべぇ編集部・ニートgoma

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

恋愛不倫取材ホスト泥沼ゲス不倫援交
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング