しらべぇ

『逃げ恥』が最終回直前 ガッキーのかわいさで振り返る記事5選

エンタメ

2016年を代表するヒット作となったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が、本日20日ついに最終回を迎える。

先週放送の第10話では、平匡からのプロポーズを小賢しい一言で返り討ちにした形となったが、果たしてどんな結末となるのか。

数多くの名シーンのあった本作品だが、ヒロイン森山みくりを演じた新垣結衣のかわいさという観点から振り返ってみたい。

 

①『情熱大陸』など、とにかく妄想しまくりなガッキー

 

みくりの妄想から繰り広げられる「パロディ演出」は、本作の大きな魅力のひとつ。序盤は妄想娘・みくりのものがほとんどだったが、回が進むにつれて平匡など他キャラにも見られるようになった。

豊かなイマジネーションで架空の世界に想いを馳せる新垣は、まさにかわいいの一言。

▽元記事はこちら↓

新垣結衣ドラマ『逃げ恥』が好評 情熱大陸パロディが話題に

 

②28歳とは思えぬ制服姿のガッキー

逃げ恥

(画像はTwitterのスクリーンショット)

上記妄想シーンではコスプレも数多く披露されたが、第6話ではなんと制服を着用。

それは彼女がかつて出演したドラマ『パパとムスメの7日間』(TBS系)で使われたものだという。まさに、ファンのツボをついた小憎い演出と言えよう。

▽元記事はこちら↓

『逃げ恥』大ヒットの理由はスタッフの影の努力?現場レポートに注目

 

③星野源に「夜のお誘い」をするガッキー

温泉旅行帰りの電車内で、突然みくりにキスをした平匡。その後は一旦気持ちがすれ違ったものの、和解してガッチリハグと2回目のキスを成功させる。

しかし、その後、小賢しい女・みくりは焦りから痛恨のミスをおかしてしまう。KissHugでお腹いっぱいな平匡に対し、

「いいですよ、私は。平匡さんとなら、そういうことをしても」

 

と、ストレートな「夜のお誘い」をしてしまったのだ。これに対し、「プロの独身」平匡は大いに動揺。みくりの提案を拒絶することとなった。

ネット民が平匡に憤慨したのはさておき、このときの新垣の迫真の演技に興奮してしまった人も多かったはずだ。

▽元記事はこちら↓

ガッキーが星野源に「夜のお誘い」 ドラマとわかりつつキレる人々

 

④平匡に振り回され、余裕がなくなってしまうガッキー

序盤こそみくりのリードで始まったふたりの恋だが、話が進むにつれ両想いに。その結果、平匡が見知らぬ女性と歩いているところをみくりが目撃した際には

「どんどん好きになっちゃうじゃないですか。だから嫌なんです、私ばっかり好きで…」

 

などと恋心と嫉妬を吐露してしまうまでになった。

sirabee20161209rennaikanjou

ちなみに、自分のことを変態だと思っている人ほど、「恋愛感情を無くしたい」と思っているというデータがしらべぇ内には存在するのだが……。

積極的な姿勢が目立つみくりだけに、我々がまだ知らない一面があるのかもしれない。

 

⑤「イチャイチャしないの?」と問いかけるガッキー

みくりと平匡がついにベッドインした第10回では、ガッキーが、いやみくりが「イチャイチャしないの?」と平匡に問いかけ、ネット民は大興奮。正気を失う人が多数出現した。

ふたりの記念すべきBからCまでは、人形と音声で再現され、残念ながら映像はなかったが……

それでもみくりのように想像力豊かな人々は、きっちりと楽しんだ模様だ。

 

新垣の魅力がふんだんに詰まった今回のドラマ。最終回の大団円を期待しつつ、最期までしかと見守りたい。

・合わせて読みたい⇒「逃げ恥ロス」が現実に…ムフフなお店でも「みくりちゃん」が急増?

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集