熱い友情や父と息子の絆に感動 劇場版『モンスト』が泣ける

(画像は劇場版「モンスターストライク」公式サイトのスクリーンショット)

12月10日に封切られたアニメ『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』。

作品がヒットを飛ばすかを占う、公開最初の週末2日間で動員39万416人、興収4億3961万2800円を記録するなど、大ヒットを予感させる興行成績も話題となっている。

人気ゲームアプリ『モンスターストライク(以下、モンスト)』の派生コンテンツとして、既にWebアニメがYouTubeで人気を集めており、今回の劇場版はその「エピソード・ゼロ」ともいえる内容だ。

こうした話を聞くと、アプリで遊んだりアニメを観たりしていない人には、「楽しめなそう」と感じてしまう人もいるかもしれないが、そう思ってしまうのはもったいない。

Twitterで口コミをチェックすると、「モンストのアニメは観ていなかった」人がお勧めするコメントも目につく。


https://twitter.com/KSumz8Ze02oXe1b/status/808260031472799744


 

■熱い友情に感動

作品のキャッチコピーは「いつだって、僕らは仲間だった。」とあるように、主人公・焔レンとその仲間たちの友情が描かれる。

小学生時代の主人公たちが、時にぶつかりながら互いを思い遣っている姿には、心を揺さぶられるだろう。

そしてもうひとつの作品コピーが「たった4人で、世界を救う冒険」。

これを読んで、あの名作を思い浮かべる人もいるかもしれないが、実際に作品を観た人の中には、こんなツイートをした人も。


 

■父と息子の絆に涙

ネタバレになるので詳しい内容は避けるが、劇場版『モンスト』では主人公たちの友情と合わせてストーリの軸となっているのが、父と息子の絆。

主人公・レンとその父にも固い絆を感じるのだが、脇役として登場する冒険の旅の途中で偶然出会う父と息子にも、グッとくる。

どんなに離れていても、親子が親子であり続けていることを感じさせる2人に、涙した人も多そうだ。

https://twitter.com/kit56892154/status/807489883702890496
https://twitter.com/sh1_eeee/status/807817456999727104

「島根の親子がイイ!

2人ともぶっきらぼうだけど、優しくて…泣かされたわぁ」(30代・女性)


アニメファンの間でも、豪華な制作陣でそのクオリティは折り紙付き。アプリやアニメを経験していない人も、ぜひ劇場で楽しんでもらいたい。

・合わせて読みたい→『モンスト』が映画に! 高すぎるクオリティーにアニオタも驚愕

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

あなたにオススメ