弘中アナの「出血大サービス」に視聴者大興奮「ありがとうホリケン」

エンタメ

2016/12/21 17:30

sirabee1217ameto-ku
(画像はテレビ朝日アナウンサーズのスクリーンショット)

15日にテレビ朝日系で放送された『ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな』。

この番組は同局の『アメトーーク!』に端を発したスピンオフ番組であり、ホリケンことネプチューンの堀内健が日本各地を巡る企画。

地元の人々と触れ合う中で、ホリケンの無邪気さと止まらない暴走が前面に出るのが魅力である。

そこで番組アシスタントの弘中綾香アナがとある出血大サービスをしたことが話題になっている。


 

■ホリケン、弘中アナの脇をツンツン攻撃

番組冒頭、VTRフリのときに、ホリケンと弘中アナが全力で場を盛り上げる一幕があった。

その際、ホリケンが歌う謎の音頭に合わせて弘中アナは「シャッキーン」と叫び、両手を思いっきり挙げる。

その後、ホリケンは「スマッシュ!」と叫びながらその脇を指でつついたのだ。

すると「キャン」と思わず声をあげる弘中アナ。そのたまらなく可愛い反応に、ツンツン攻撃をもう一度仕掛けるホリケン。

なんとも独特なコミュニケーションだ。


 

■視聴者、番組前半で興奮状態に陥る

これには番組を視聴していた人も大興奮の様子。

脇フェチの人はもちろんのこと、色白でキュートな顔立ちの弘中アナの脇には多くの人が我を忘れてしまった様子。Twitter上には「ツンツンしたい」というツイートが立て続けに並んでいる。

なお、弘中アナは昨年の放送でも同じような服装で出演しているようだ。


■女子の脇を見てしまう男性は約4割

以前、しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男性689名に「ノースリーブの女性がいたら脇を見てしまう」のか調査を行なった。

結果、約4割の男性が脇をついつい見てしまうということが判明している。

脇

その中でもとくに見たくなる女性の特徴はガードが堅い、文化系女子、スポーティー女子とのこと。

真面目で箱入り娘なイメージの弘中アナは、そういう意味でも視聴者の要望を満たすには最適なアシスタントだったのかもしれない。

・合わせて読みたい→チラ見男子が語る!脇を見たくなる「ノースリーブ女子」の特徴

(文/しらべぇ編集部・ガガ

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日 
対象:全国20代~60代の男性689名(有効回答数)

あなたにオススメ