しらべぇ

加藤紗里「ウソ」を暴露され一触即発の事態に その女性タレントとは…

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

(画像はInstagramのスクリーンショット)

お笑い芸人・狩野英孝の恋人として芸能界に彗星のごとくあらわれたモデル、タレント・加藤紗里(26)。

「売名行為」「にわかカープファン」としてたびたび炎上し、「女に嫌われるオンナ」として目覚ましい活躍を見せている。

そんななか、とある女性タレントとあわや一触即発の危機になったことが話題に。

 

■熊切の発言に加藤も思わず「超性格悪い」

25日に放送された『千鳥のおもしろツライ話買い取ります』(読売テレビ)。世間を賑わせた出演者らがそのツラいエピソードを披露し、MCである千鳥からお年玉をもらうという内容だ。

その中で、タレント・熊切あさ美(36)が加藤の嘘を暴露し、両者の仲が険悪になる一幕が。

加藤は、これまで「ブス」と言われたことがなかったが、騒動以降100億回は言われたというエピソードとともにこれまでネット民に言われた悪口を披露。

「広島の恥」「ラクダ」「目の下にナメクジ飼ってるの?」などパンチの効いたものが並んだ。

また、「早くセクシービデオでデビューしろ!」という悪口について、「実際オファーは来ました」と内状を語った加藤。さらにギャラについて聞かれると「1億円以上」と回答。

そこへ熊切が、「ウソだと思う。結構有名なタレントさんのときも億はもらえないって言ってた」と大笑いしながら横やりを入れた。

その後も熊切は、大吾の「もしAVデビューするとしたら、どっちがギャラが高いと思う?」という質問に対して「私のほうが2,000万円くらい高い」とバチバチ。

ネット民からは「加藤は観たくないわ」「どっちも需要なし」など否定的な声があがっている。

 

■女の敵はやっぱりオンナ

熊切の横やりによってエピソードと面目が潰されてしまった加藤。

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,666名に「女の敵は、果たして男なのか、女なのか?」について、調査したところ、女性の回答は6割を超える結果に。

女の敵年代別

したたかな部分も理解できるからこそ戦いが起こりやすいということだろうか。

 

バチバチにやり合った両者。はたして遺恨は残るのだろうか。狩野だけでなく、熊切にもしてやられてしまった加藤の今後にも注目だ。

・合わせて読みたい→熊切あさ美の恋愛遍歴が「重すぎる」と話題 中村静香の顔が引きつる

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集