正月番組はつまらない?嫌う傾向にあるのはあの世代

ライフ

2017/01/01 06:00

テレビ
(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

お正月を家でのんびりと過ごすと、テレビを観る機会が普段よりも増える人も多い。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のテレビをよく観る男女930名に「正月のテレビ番組について」の調査をおこなった。その結果、56.6%もの人が「正月番組はつまらない」と答えたのだ。

テレビ離れが進む中でも頻繁に観ている人たちでさえ、正月特番にはあまり魅力を感じていないのだ。


 

■正月番組は若者に人気?

年代別では、普段のイメージとは逆の結果になっている。

正月番組はつまらない年代別グラフ

若い世代ほどテレビを観ないため、最近は高齢層を対象にした番組が多い。しかし正月番組は若い世代に受けが良いのか、20代が一番少ない割合である。

「定番の『爆笑ヒットパレード』などバラエティ番組が多く、正月休みの暇つぶしにはちょうどいい」(20代男性)


一方、日頃はテレビを大いに楽しんでいると言われている50代から60代の人たちが、正月のテレビ番組はつまらないと思っているのが意外だ。

「正月に限らず、特番はどれもつまらない。芸能人を集めて、ごちゃごちゃとやってるだけって感じで」(50代女性)


 

■つまらないと言いながらも観るテレビ好きたち

つまらないと思いながらも、正月の番組を楽しんでいる人も多い。

「実家で『箱根駅伝』を家族そろって観るのが、毎年の定番になっている。陸上なんて普段興味がないのに、これだけは観ないと新年が始まった気がしない」(30代男性)


「『芸能人格付けチェック!』は、毎回観ています。自分たちも一緒にどっちが一流か考えながら、『GACKTすごいな!』って感じで」(40代女性)


つまらないと言いながらも観てしまうところに、テレビへの愛が感じられる。

・合わせて読みたい→繰り上げスタートの基準は?箱根駅伝で聞く“あの言葉”を徹底解説

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代のテレビをよく観る男女男女1,365名 (有効回答数)

あなたにオススメ