ベッキーやファンキー加藤を叩ける?「ゲス不倫予備軍」は驚きの…

男女

2017/01/02 18:00

キス
(RyanKing999/iStock/Thinkstock)

ベッキー&川谷絵音、ファンキー加藤、高知東生、乙武洋匡氏、桂文枝、三遊亭円楽、浦沢直樹氏…などなど、2016年の芸能界を賑わわせ続けた不倫報道。

「ゲス不倫」は、流行語大賞のトップ10にも選出された。

不倫は違法行為ではないが、夫婦には「貞操義務」が定められているため、配偶者は民法上の不法行為として、不倫相手に損害賠償を請求することができる。

それ以上に、世間の不倫に対する非難はすさまじく厳しい。とくに女性芸能人が不倫した場合、イメージが一気に失墜することも。

まるで全員が「聖人君子」のようだが、世の中はそれほど不倫を忌み嫌っているのだろうか。



 

■「チャンスがあれば不倫したいか」を調査

そこでしらべぇ編集部は、不倫経験がない全国20〜60代の既婚男女515名を対象に、「もしチャンスがあれば不倫してみたいか」と質問。

その結果、男性ではじつに40.7%、女性は8.6%が、これまで不倫を避けてきたにもかかわらず「チャンスがあれば不倫したい」と答えたのだ。

さらに年代別に見ると…

ゲス不倫予備軍

2、30代の既婚者では、男女とも不倫願望がきわめて高い。2、30代男性では、未経験者の不倫願望が6割を超え、女性でも2割前後。女性全体の平均値の2倍以上だ。


不倫未経験者でもここまで多くの人が夢見ているという状況、道を誤った芸能人を袋叩きにする世情は、果たして適切と言えるのだろうか。

新しい年は、さわやかなニュースがあふれることを願いたい。

・合わせて読みたい→安田美沙子の夫にゲス不倫報道 「仲良しツイートが泣ける」と話題に

(文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日~2016年12月18日
対象:不倫経験がない全国20代~60代の既婚男女515名