しらべぇ

『天才てれびくん』伊藤元太さん死去していた ファンからのメッセージ受付も

エンタメ

天てれサーカス部

(画像はTwitterのスクリーンショット)

2010年までNHK Eテレの『天才てれびくんMAX』に「てれび戦士」として出演していた伊藤元太さんが、昨年8月31日、不慮の水難事故で亡くなっていたことが、5日明らかとなった。18歳だった。

 

■「天てれサーカス部」サイトで公開

番組のスピンオフ企画である『天てれサーカス部』のサイトでは…

「ご両親の心の整理がつかず、これまで事故の経緯の一切を公にしておりませんでしたが、ご両親から相談があり、元太君の19歳の誕生日となる1月5日を期して、元太君とご縁のあった私達サーカス部のホームページ上でお知らせすることにしました」

 

と発表している。

伊藤さんは、4月からは早稲田大学に進学し、芸能界へも復帰目前だったという。

 

■伊藤さんへのメッセージも受付中

共演した元てれび戦士たちも、

 

「私にとって元太は友達というより、弟みたいな存在でした。またみんなで集まれるって当たり前のように思っていたので、正直まだ混乱しています」(鍋本帆乃香)

 

「どうしようもなく、辛いです。言葉が見つかりません」(上妻成吾)

 

「またねって言ったじゃん 約束したじゃん 悔しいよ おれがんばっから うえまで届けるから」(田中理来)

 

と、気持ちを整理できてない様子。

また、『天てれサーカス部』サイトでは、伊藤さんの両親からの手紙を公開するとともに、ファンからのメッセージも受け付けている。

・合わせて読みたい→『真田丸』公式サイトも31日で完全終了 ファンからは嘆きの声

(文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子

関連記事

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集