しらべぇ

社会人必見!過労死を防ぐ方法は「中世の日本」にあった?

ビジネス

残業

(OtmarW/iStock/Thinkstock)

日本のビジネスマンにとって働きすぎや過労死に関する問題を抱える現代。ブラック企業という言葉も定着化し、少しずつではあるが改善する傾向にあると言われている。

そんな中、とあるツイッターユーザーの投稿が話題を呼んでいる。

 

■現代のビジネスマンは中世の働き方を見習うべき?

ツイッターユーザーのこうずさん(@kouzu)さんのツイート。現代の日本人は縄文時代や江戸時代に幻想を抱きすぎと指摘。その上で、現代の働き方こそ中世に目を向けるべきだと主張。

その例として「状況に応じて勤め先を裏切り滅ぼす」「気に入らない上司の家に火をつける柔軟さ」を持つことを挙げた。

もちろん冗談を含めてはいるが、たしかに現代の日本人とは働き方に関しての考え方が違うようにも思える。ネット民からも「その手があったか」「狂乱はなにも生まない…」といった声も。

・冗談はともかくとしてw、何も抗議せず過労自殺したり自己都合と称して会社を追い出されたり、日本人は従順過ぎる。会社に洗脳されてるのかな? 自分に非がないのなら、出来る限り嫌がらせをして言いたいことを言い最後は法的手段に訴えても抵抗すべき。

 

・戦後教育は助け合いと社会貢献の意識を育てすぎた。なので、仲間同士助け合わなくてはいけない、お客様に迷惑をかけられないと、会社を辞められず、追い詰められて死んでしまうことがある。

 

・江戸時代でも世界で1番清潔な国なのは間違いないがウンコは溜めっぱなしの汲み取りで時間にもルーズ過ぎて約束でも2〜3時間の巾があり、仕事も「もう今日は気が乗らないからやめ!」と昼過ぎには終わる生活に現代日本人は耐えられないだろうなぁ。

 

■過労死するほど働いているは1割ほど

しらべぇ編集部が全国20〜60代の就労者の男女686名に「仕事に向き合い方」について調査したところ、全体の11.7%が「過労死すると思うほど仕事をしている」と回答。

さらに、年代別に分けたところ2、30代の男女は全体よりもやや多く仕事をしている傾向にあることが明らかに。

sirabee20161130tobi-karour-1r

やはり、若いうちは雑務などさまざまな仕事を叩き込まれているのだろう。

 

多くの人が抱える労働問題。もしかすると、解決のヒントは江戸時代などの中世に隠されているのかもしれない。

・合わせて読みたい→その会社ブラック企業かも? 判定に使いたいポイント4選

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の就労者の男女686名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集